煩わしさを解消するために



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

日立製作所ひたちなか総合病院は昨年11月から、事前に取り決めた7事項については院外処方箋調剤時の疑義照会を不要とする運用を開始した。

疑義照会を不要にしたのは


▽成分同一の銘柄変更
▽類似剤形間での変更
▽内服薬の処方規格変更
▽半割、粉砕、混合調剤
▽一包化調剤
▽残薬調整で処方日数短縮
▽湿布や軟膏の規格変更


――の7項目。このうち「湿布や軟膏の規格変更」や「成分同一の銘柄変更」のうち後発品への変更調剤は、事後の情報提供も不要とし、それ以外については事後の情報提供を求めている。


【ひたちなか総合病院】院外処方、疑義照会の一部不要に‐本来の薬学的介入に注力を



病院と地域の薬局、薬剤師会が連携が取れている事の結果が

数々の煩わしさを解消してくれます。




今回のひたちなか総合病院のケースも

薬局の信頼が得られて成り立ったものでしょう。



これを勘違いして全国の薬局で

全面的に解禁すると

また清々しい程の

想定内の問題が起きる事間違いなしなので

このくらいの規模での取り決めが一番。

そしてこういった地道な努力を

今後各地域で行なっていく必要があります。


そのためにも必要不可欠なのがやはり

病院と薬局のコミュニケーションであり

今後進んでいく在宅に置いてはむしろ

今まで以上に必須になるのではないでしょうか。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示