リフィル処方箋とかかりつけ薬局は親和性が高いと思う



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

政府の規制改革会議は16日、規制緩和策の答申をまとめ、安倍首相に提出した。
リフィル処方箋の導入や分割調剤については、見直しに関する議論を加速し、結論を得ることを明記した。

薬局の構造規制を緩和へ‐リフィル、分割は議論加速





今年の3月に行われた

規制改革会議で敷地内薬局の話題から

まさかまさかのリフィル処方箋に関する事まで発展したわけですが

リフィル処方箋に関しては様々な問題も有ると思います。

その問題点の中でも

最近の話題と絡めて言えば

もしリフィルが導入されると病院の報酬が減り

薬局の報酬やインセンティブが多少なりとも優遇されるはずなので

さらに薬局バッシングが加速する事になるでしょう。

そして薬局の質の問題が

これまで以上に問題視される事になり本末転倒になる可能性もあります。


まあ今回はその点は置いておいて

個人的にリフィル処方箋なんですが

国が進めようとしている

かかりつけ薬局

と非常に親和性が高いのではないかと思います。



例えばかかりつけ薬局にすることで

薬の一元管理やセルフメディケーションの推進が挙げられますが

それ以上に個々の患者さんに対してより密な関係が築けるならば

リフィル処方箋だとしても

体調の変化や副作用の発見

アドヒアランスの確認などからも

「果たしてこのまま処方通りに調剤してもいいのか」

という判断がスムーズに行えると思うのです。


と言うのも

もし仮にリフィル処方箋が導入された場合

一番大切なことは

それを判断する薬剤師の能力になってくると思うので

その面で言えば

かかりつけ薬局とリフィル処方箋というのは

むしろ必須な関係にあるのではないでしょうか。


もし

「かかりつけ薬局以外リフィル処方箋の持ち込み禁止」

なんて事があればまた凄い議論になりそうです。




それにしても少し前まで

リフィル処方箋なんてまあ100%無理だろ

と思っていましたが

今では将来的に入院数を激減させるつもりだから

過剰にならないようにと

医学部の定員を減らす調整も行おうとしているぐらいなので

ひょっとしたら・・・と考えてしまいます。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示