処方箋薬のネット販売の位置づけなのか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


2013年に最高裁が

第1.2類の医薬品の販売を規制した省令を違法とする判決を下しました。


その後

第1.2類はネットでの購入が可能。

しかし要指導医薬品はネットでの購入は不可とされました。





その論争の中

ネット事業者の更に先の狙いは

処方箋薬のネット販売でした。


当時の一般用医薬品の売上が年間約6000億円で

処方箋薬が年間約10兆円という桁違いの額であったためです。



しかし処方箋医薬品のネット販売はそのまま規制され

処方箋薬はおろか

スイッチ間もない薬も

要指導医薬品としてネット販売禁止となり

薬剤師の対面販売のみとなりました。



そしてこの要指導医薬品というのは

当時OTC全体のたった0.2%の種類しかなかったのですが

これを作る事で

「リスクの高い薬はネット販売はできない」

という形を作る事が出来たとも言われています。





そして一昨日のニュースです。
→とうとうやってきた。医療用医薬品の薬局外での販売





まだ詳細が分からず

あえてなのか分かりませんが

ネット販売という言葉は書かれていませんでした。


体制自体も

既存の薬局にTV電話を設けるだけの形なのか

ネット事業者などが薬剤師を配置して今の第一類の販売のようになるのか

まだ分からない事だらけですが

もし後者だった場合には

戦略特区だけでの規制緩和だとしても

一度実例が挙げられてしまった場合には

一気に処方箋薬ネット販売解禁

の流れになる可能性もあるかもしれません。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示