ジェネリックで愛を買う



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





ジェネリックは確かに安いですが

保険が利いて1-3割負担になると

長期で飲まなかったり薬価がもともと安かったりすると

結局後発品体制加算の方が

割高になってしまうのではないかという懸念もあります。


なんだか毎回話がそっちにいきそうなので今回は話を戻しましょう。



そうです



悩めるお父さん

いや、今や若い人も増えているらしい

ED

ですが

今バイアグラのジェネリックが人気みたいなんです。


ED(勃起不全)の治療薬といえば、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」。昨年、バイアグラのジェネリック医薬品の発売が相次ぎ、安価なジェネリックに切り替えるユーザーが増えている。今回、『ダイヤモンドQ』編集部では、ED治療の最新事情について取り上げてみた

勃たないオトコに朗報 バイアグラのジェネリックが続々登場





新宿のウエストクリニックさんでは



扱うED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の先発品3種類のほか、東和薬品と富士化学工業によるバイアグラのGE(「トーワ」「FCI」)の計5種類。販売量は毎月約4.5万錠に上る。バイアグラは2000年から処方しており、ピーク時には月平均1.2万~1.5万錠も販売していた。

しかも

バイアグラ(50mg)を1錠1500円

レビトラとシアリス(各20mg)を共に同2100円で販売という事みたいなので

最高月にバイアグラだけで約2億円を超える売上げ。


これは凄い売れ行きですが

はっきり言って1錠1500円は高いです。


もちろんお金の多寡で決めれない問題ではありますが

使用者にとっては1錠や2錠の話しではなく

恐らく1人でも10錠ぐらい使うと考えると

1万5000円かかります。

まあ自由診療で保険が利かないという事もありますが

そうなればよりいっそうジェネリックのありがたみを感じれると思います。


※ちなみにこの新宿ウエストクリニックさんでは
初診料・再診料がなんと無料です!!



しかし世の中には

ジェネリックの方が安く済む事を知っていながらも

「誰かに見られてはいないか」

「病院に行くには勇気がいる」

あるいは

「し、仕事が忙しいから病院はちょっとね」

と言い訳をして

薬を貰う事を躊躇する人は

かなりの数がいると思うのです。




そこでもしOTCにED治療薬がスイッチしたら

安全面での問題も出てきますが

リアップを抜いてダントツ一位の売上になり

多くの男性の悩みを解決出来ると思うのです。






そして要指導医薬品での販売になるので

きっと夜の星を眺めながら思うはずです。








本当にいい時代になった。

薬剤師さんありがとう、と。






この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示