薬局技術料は高いのか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

日本薬剤師会の山本信夫会長は4日の記者会見で、調剤技術料の伸び率が医科や歯科に比べて大きく、見直す必要があると提言した財政制度等審議会の建議に言及。「実質的な伸びは医科や歯科並み」と反論した。

日薬・山本会長が技術料見直し提言に反論




ここで言う問題は

他の医療費の伸びと比べてどうこうという事ではなく

審査会は絶対的な評価をしたいのではと思います。


そして本音をざっくり言うと



ちょっと薬局金儲けすぎ

そして

本当にそれに見合った事をしていると思えない

という意見でしょう。






H25年度の薬局技術料は

1兆7371億円でした。

そして薬剤料が5兆2444億円。


まあこの薬剤料は薬剤師がどうこう出来る問題ではなく

分業が進み

高齢化が進み

処方される薬の量が増えると必然的に増えるものではあるため

伸び率が多少高くなっても仕方がない事ですが

技術料はそうは問屋が卸さないと。



まあ厚労省も既存の薬局全てを残す訳ではないと言った以上

技術料の見直しの流れは止められないでしょう。


そこで今回の焦点の

薬局がその技術料に見合った仕事をしているか

という話しになりますが

最近の薬局絡みの諸問題を受けても

ネガティブに捉えられるのも仕方がないです。

まあそういった不祥事を起こすのは当然一部の薬局だけなんですが

国のお金を使っている以上

一部も半分も関係なく

全ての薬局が行うべき当然の事を行う必要があるという正論。

これはもうおっしゃる通りだと思うのです。



そしてそれを凌駕できる程の第三者の評価を受けるのは今の薬局では難しい。

というかそもそも評価自体が難しいです。

となるとこれはもう

ネガティブキャンペーンが成功するか否かにかかっており

個人的にはこれはもう

ほぼほぼ成功した形になってしまったのではないかと思います。


例えば昨日のTVタックルなど。













すみません。

正直まだ録画したままで見てません。

今日、いや今週中には必ず見ます。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示