これでいいのか登録販売士



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

「あの頃の未来に僕らは立っているのかなあ」


とSMAPが歌っています。




子供の頃に思っていた大人の世界

将来の事を夢見ていたあの頃。

様々に描いていた将来があると思いますが

これを読んでいる人は

今まさにその未来に追いついている人が多いでしょう。


そして実感している人も多いはずです。



こんなはずではなかったと。





そしてこれはOTCの未来についても言える事でしょう。


薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会の安全対策調査会は5月29日、製造販売後調査を終了した第1類医薬品4成分のリスク区分を審議し、解熱鎮痛薬の「イブプロフェン・ブチルスコポラミン臭化物」(興和:エルペインコーワ)を指定第2類に引き下げ、鼻炎用内服薬の「エピナスチン塩酸塩」(エスエス製薬:アレジオン10)など3成分を第2類に引き下げる案をまとめた
エルペインを指定第2類へ‐鼻炎用3成分も引き下げ


今回のニュースのように

OTC薬の区分も時が経つに連れて変化していくようになります。

あの頃は要指導医薬品だった薬も

いずれネットでも変える第2類医薬品になる可能性を考えたら

薬たちの移り変わりさえも愛おしくなります。




そしてこの流れは半ば必然であり

いつまでも要指導医薬品や第一類医薬品であり続ける事が出来ない薬が増えていきます。

となると当然第2類以下の薬が増えるわけですが

現段階でも第2類以下が95%を占めると言われている中で

結構不安に思っている事が

登録販売士

本当にこのままで良いのかという事です。


今は薬剤師バッシングが顕著ですが

いずれこれは登録販売士にも必ず向いて来る事になると思います。

そうです。

全てが思うほどうまくはいかないんです。



続く

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示