薬局減らします!!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

塩崎恭久厚生労働大臣は2015年5月26日、経済財政諮問会議において、薬局の在り方を見直すことで、医薬品の使用を適正化していく方針を明らかにした。

塩崎厚労相、経済財政諮問会議で薬局の在り方を見直す方針を明らかに


甘利氏によると、民間議員からは


「薬局を再編して薬局数を半減させるなどの目標も検討課題だ」


との指摘があった。




塩崎厚労相は


「5万7000軒の薬局についても全てを残すわけではない」と話し、薬局数の削減も視野に入れていることを示唆した。









いやはや恐ろしい議論がなされています。


今後分業率は劇的な変化はないでしょう。

しかし薬剤費というのは

いくら削減削減と言って残薬チェックや後発品推進を行なっても

ある程度先が見えてしまい

今後更に高齢化や内服薬の進歩が進む事を考えたら

薬局での薬剤費自体はある程度増え続けるでしょう。


となると薬局数はまだ伸びる可能性が高い。



そんな中でこの話題です。



個人的には薬剤師不足と叫んでいる事に違和感を感じる派なので

薬局が増える事以前に

別に現状維持で全く構わないのですが

減らすとなると少し恐ろしいです。

というのも

減らすといって

「あなたの薬局は閉めなさい」という訳では当然ないので

そうせざる得ない診療報酬改定を

徐々に行なっていくという

政策の表明でもあるからです。

そもそも今回のこの会議自体が

「中長期視点に立った社会保障政策の展開」

ですからね。




まさか薬剤師の飽和という長年の不安が

薬剤師数の増加ではなく薬局数の削減によって引き起こされる可能性が出てくるとは。


という事でこれから薬剤師を目指す人は

本格的に他の職種を考えた方がいいかもしれませんね。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示