簡易検査の普及への第一歩



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

糖尿病の疑いがある人の早期発見のため、指先から微量の血液を採って調べる測定室を持つ薬局の普及を目指す推進組織が27日、発足した。医師や薬剤師らが中心で、測定室を備えた薬局の開設や運営を支援する。現在1千カ所程度にとどまっている測定室を3年後に5千カ所に拡大し、検査を受ける人を年間90万人にする目標を掲げる。

糖尿病、薬局で指先測定 普及へ推進組織発足




これにより各薬局が単独で簡易検査を設けるよりも

かなり広範囲での普及が見込めるでしょう。

そして行く行くは

血糖値やHbA1c以外の検査だったり

癌検査などの仲介なども行えるようになっていくのではないでしょうか。




ただ、今の所測定室の目標が5000ヶ所みたいですが

いまいちピンときません。


単純計算だと各都道府県に100ヶ所の割合ですが

何とも言えません。

ただ、薬局数が5.5万件と言われているので

そうなると約10件に1つの薬局に測定室が出来るという事みたいなので

そう考えたらまあ妥当と言える数字ではないでしょうか。



個人的には薬局よりも

ドラッグストアの方が簡易検査のPRなども

一般の人向けに行い易く

チラシにちょこんと載せるだけでもいい宣伝になるため

この簡易検査を流行らせるきっかけは

ドラッグストアが握っているのではないかと思います。




そして医療用からOTC薬の移行も進むとされるため

これまではあまりスポットライトが当たらなかった

否、当たってもせいぜい

「薬剤師による適切な指導がなされていない」

というバッシングのみのスポットライトでしたが

今後は良い意味での注目を集める事になりそうです。


そしてその評価がどうなるかは

今後のドラッグストア次第でしょう。




まつもとさん頼みます。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示