処方箋への検査値記載が広がりつつある



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

九州地区の2国立大学病院が、院外処方箋への検査値の表示を本格化させる。九州大学病院は、周辺の5薬剤師会から要望書の提出を受けるなど、入念な準備を経て6月8日から全ての外来患者を対象に実施する。熊本大学病院は昨年12月から試行を開始し、今年4月から全面的な表示に踏み切った。沖縄地区では、琉球大学病院も今年2月から開始するなど、九州や沖縄の国立大学病院における検査値表示が一気に進み始めた。

処方箋検査値表示を本格化‐九州地区の国立大で相次ぎ開始



処方箋への検査値記載の流れが徐々にですが

標準化されつつあります。

後は大学病院以外にも

民間の病院まで広がって

田舎の薬局などでも検査値が処方箋に載っている

そんな時代がくるかもしれません。


ただ

・検査値(過去のデータも)
・身長
・体重
・体表面積
・医師からの連絡事項

そして一部ではスタートしていますが

将来的には病名なども記載されるかもしれません。

更に様々な情報も共有化され

これでは紙1枚に収まりきる情報量を越える可能性もあります。

これを機に処方箋も電子化が必要不可欠になったりするのでしょうか。


まあまだ全然広まっているとは言い難い状況なので

単なる杞憂かもしれませんが。。。






それにしてもこの取り組み

各薬剤師会が大学病院と連携して勧めるという姿勢ですが

現場の薬剤師会は

しっかり先を見据えているなあという印象を受けました。



いやいや、現場の薬剤師会がしっかりしていると言うだけで

トップがしっかりしてないとは言ってませんよ。

トップがしっかりしてないとは。


ただ薬剤師会のトップの口癖は

「たいへん○○である」
(○○には残念、憤り、驚きの表現が入る)


そして中身が永遠のゼロです。


これ、結構な確率ですからぜひ注意深く見てください。




と、話が脱線しそうなので元に戻しますが

個人的に取り敢えず処方箋に載せて欲しい事は

後発品変更不可へのチェック理由を

薬剤師への連絡事項欄に書いてくれれば嬉しい限りです。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示