×薬剤師は薬物体内動態を全く見ていない ○見れない



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

厚生労働省大臣官房審議官(医療保険担当)の武田俊彦氏は、高齢者で多剤投与が多い現状を指摘し、診療報酬改定を控える中で「かかりつけ医、かかりつけ薬剤師がきちんと管理をし、再評価をし、できるだけ減らす仕組みを作らないとますます高齢者が増える中で大変だろうなと思う。

厚労省・武田審議官「高齢者の薬を“減らす”かかりつけ薬剤師、かかりつけ医の役割が論点に」



不要な投薬を減らすためには、ひとりの患者をトータルで診るかかりつけ医、かかりつけ薬剤師の担う役割が重要になる。

~中略~

武田審議官は、「かかりつけ医、在宅の先生にトータルで診てもらうという観点から必ずしもその方向に進んでいるだけではない。これは薬局でも同じ。複数医療機関、複数薬局にかかり、誰もトータルで患者をみていないのではないか」と疑問を呈した。


確かに現状では総合診療を行い

それにより過度な薬剤数の処方を減らすという事は

なかなか行えていないでしょう。


と言うのもやはり総合診療を教える指導者が足りていない事が原因に挙げられます。

ただこれは薬の重複投与や相互作用を確認すれば良い薬剤師の仕事とは違い

かなりのトレーニングを必要とするため

一朝一夕でどうにかなるものではなく

ゆっくり時間をかけて尚且つ早急にその方針へ舵をきる必要があると思います。


そして武田審議官は薬局薬剤師にも言及しているのですが


「本来、薬剤師は薬を飲んだ後の薬物体内動態を見ているはず。それにもかかわらず、薬を飲んだ後のことを薬局薬剤師は、まったく見ていない」と指摘。「そういうことでかかりつけ薬局と言えるのかはかなり厳しく問われないといけない。それをやらない医薬分業はそれなりの評価であっても仕方がないと思っている」


医薬分業の評価(点数的なもの)が今は高すぎるのは否定しませんが

その評価にギャップが生じているのは

いつまで経っても薬剤師はカルテを見るなんて以前に

病名すら分からず体内動態の参考になる検査値ですら

充分に把握できないレベルであるため

満足のいく服用後の変化を知るすべがないためだと思います。

これを問診だけでやろうとするのは限界があります。


この状況で

「薬を飲んだ後の事を薬局薬剤師は全く見ていない」

なんて言われても見える範囲が狭すぎるという話しです。



個人的にはもっと意義のある分業を行うために

そして真っ当な評価(点数的なもの)を得ても良いように

もっと薬剤師が必要とする情報を開示すべきだと思います。

それでもなお分業の意味が不透明ならば

評価を診療報酬改定で示してくれればいいのにと思ってしまいます。





まあこんな所で何と言おうとも

何の影響もありませんが

次の診療報酬改定はかなり尖った形になりそうな気がします。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示