せめて薬剤師に任せて欲しい事

厚生労働省は、薬剤師が残薬を確認し、医師に疑義紹介を行うことで、年間約29億円の医療費削減効果があるとのデータを4月8日の中医協総会に報告した。残薬の薬剤費は、年間475億円にのぼると推計されており、重複投与などの無駄な投薬を防ぐことが求められている。重複投与の防止や残薬があった場合の疑義紹介など、地域包括ケアの中で、かかりつけ機能を担う薬局薬剤師がいかに処方医と連携し、役割を担うかが、今後議論となりそうだ。
厚労省が中医協総会に報告 薬剤師の疑義紹介で約29億円の医療費削減効果


「薬剤師は薬の重複や薬学的な観点から非常に重要な役割を担っている」



なんてテンプレートな事を言うよりも

このように数字ではっきり示す事が

現状では求められている気がします。




残薬の薬剤費が475億円で

薬剤師が削減しうる年間医療費が29億円ということみたいなので

取り敢えず残薬の薬剤費削減は

もっと介入の余地があるでしょう。


ただこれが今だに処方日数を減らす事に疑義照会が必要なのが大きな障害だと思います。


患者さんも残薬があったとしても

薬剤師が逐一医師に電話して薬を削減しているのでは

迷惑だと考えるかもしれないし

そもそも次回受診時に医師に怒られるのではないかと思ってしまう。


構図的に、何だかかいけないことをリークしているみたいじゃないですか?




それならば結局黙って薬を貰っておく方が良いと考える人も少なくないでしょう。



もちろんアドヒアランスは大事です。

しかし飲まない薬を貰って

尚且つ飲んでいないために薬を増やしたりする事は

最もナンセンスだと思います。

結果薬剤費も増えるわけで

実際世の中には今回の数値以上の残薬費があるのではないでしょうか。


それならば薬を介してのコミュニケーションは薬剤師に担わせるべきです。


薬を飲まない理由もきっと様々で

飲む事を忘れてしまう

大きくて飲みにくい

効果がないから飲まない


などなど、医師には言えない本音が沢山あるはずで

そこを薬剤師が患者さんのと気兼ねなく話し汲み取ることで

根本的な問題解決に繋がるケースも沢山あると思います。




リフィル処方箋とまでは今は言いません。

ですがせめて処方日数の調整ぐらい(日数減数に限る)は

薬剤師に任せるような

時代になって欲しいです。






そうじゃないとあれですよ。

斎藤工がこのまま

イケメンで性格も良くて

やっぱりお医者様の言うことには逆らうべきではないと

残薬を隠しているままですよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それをやってしまうと、医師から
「この患者は薬をきちんと飲んでいるもの」
として診察を受けることになってしまうのも懸念されますね。

アドヒアランス良好かそうでないか。
医師にとっても大切なポイントです。
まぁ、どちらにしろ、残薬は隠ぺい方向なのは確かですけれど^^;

「定期処方薬であれば、残薬による日数調整(日数減)は、医師に後でフィードバックすれば可」、とか。
その程度ならどうでしょうか。
国も本気で医療費削減したいのなら、あの手この手で多方面から攻めてほしいものですよね。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示