薬剤師アンケート報告書のまとめを見て

日本保険薬局協会(NPhA)は、在宅に関する情報を中心とした「2014年度会員管理薬剤師アンケート報告書」(15年調査)をまとめた。

在宅医療、小規模施設が積極的‐テクニシャン制度導入など望む





24時間体制の整備状況は、「24時間開局している」のはわずか4件に過ぎず、多くが「電話対応」69%であった。

→「24時間開局を電話対応では不可なのは正気か」というムードもありましたが結局見事にほぼスルーし
 夜勤している薬局はほとんどいないみたいです。


地域連携関係では無菌調剤設備の共同利用があるが、「活用していない」が13年調査以降、99%という状況が続いているが、その理由として8割強が「需要がない」としている。

→時代を先取りしすぎてしまいました。99%なんて除菌率以外ではあまり目にしません。


要指導薬、第1類の取り揃えがない理由としては、「患者のニーズがない、または分からない」が66%を占めた。

→つまりそれだけOTC目的で薬局を訪れる人が少ないという事ではないでしょうか。


薬剤師業務の拡大に向け、調剤業務の効率化に必要な施策等として最も多かったのは「一包化、剤形変更等薬剤師の裁量で行う」698件の32%だったが、次いで多かったのは「テクニシャン制度の導入」が651件の30%となった。

→テクニシャン導入はさて置き、一包化や剤形変更、あと後発品の選定の自由化など
 薬剤師業務の効率化に加え、医師にとっても余計な時間を省略できると思います。



このアンケートを見る限り

結構消極的というか

若干の変化は見られるものの

従来の形を崩したくないような

そんな印象を受けました。


ところで少し気になったのが


要指導薬、第1類の取り揃えがない理由としては、「患者のニーズがない、または分からない」が66%を占めた。


「分からない」って・・・

分かってくださいよ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アレグラFXなんかはノボリの旗を見て買いに来る方は多いですけどね
調剤薬局ですけど
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示