足りないのは危機感



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



厚生労働省は医師の処方箋が必要な医療用医薬品を、ドラッグストアなどの店頭で処方箋なしで買える大衆薬に転用しやすくする。
同じ成分を転用する要望を製薬会社だけでなく、健康保険組合や消費者からも受け付ける仕組みを年内につくる。胃腸薬や点眼薬が候補となる見通し。
医療薬と大衆薬の垣根を下げ、保険適用になっている医療薬を減らし、薬剤費の抑制にもつなげる。


処方薬を大衆薬に転用しやすく 店頭販売を拡大



本当はもっと危機感を持たなければならないんですが

たったアレグラやロキソニンがOTCにスイッチしたぐらいで話題になる

日本の医療費事情には

また若干の余裕があるとすら思えてしまう

今日この頃です。


もし本当に医療費が破綻しそうになるならば

多少のリスクを負ってでも

セルフメディケーションなんてカッコつけたものではなく

医療費でまかなえないからと

スイッチ化がバンバン進むと思うのですが

どうやらそんな雰囲気がにわかにしか感じられない今

やはり足りないのは危機感でしょう。


薬剤師側も

いつ自分たちの守備範囲を多く任されるか分からない将来に備え

もっとトリアージの知識を深めていく教育をすべきだと思います。




OTCの知識なんて不要と考える人もいると思いますが

今後のセルフメディケーションを考えると

トリアージは必ず必須になると思うので

OTCの薬だけを見るのではなく

人間そのものを見る目を養わないといけないでしょう。






かく言う自分は



トリアージの知識なんてさっぱりですけどね。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示