医師の国試合格率は91.2%


来週発表の薬剤師国家試験より一足先に

医師国家試験の合格発表がありました。


厚生労働省は2015年3月18日14時から、第109回医師国家試験(2015年2月7~9日実施)の合格発表を行った。
今回の受験者数は9057人(前回は8632人)で、合格者数は8258人(同7820人)。合格率は91.2%(同90.6%)と昨年よりも高かった。受験者のうち新卒者は8250人で、合格率は94.5%(前回は93.9%)だった。


医師国家試験合格発表、合格率は91.2%


薬剤師とは違い堅調な合格率の医師国家試験。

私立大学でも

しっかりと90%の合格率を出している所はさすがです。



もともとテストではいい点数を取ってきた人達なので

合格率が高いのは必然ではあると思いますが

それでもやはり医学部も国試受験者を絞る試験が存在し

合格率を高く見せようとする操作は行われているみたいです。

ただ、それでも決して容易ではない試験で

合格率が90%以上というのは

さすが将来のお医者様でしょう。



話が少しずれますが

医学部などは別として、多くの試験では

合格率が低いほうが難しい試験なイメージが当然あると思います。


という事で

薬学部も受かる可能性の高い学生ばかり受験さずに

取り敢えず受験させてあげれば

合格率が下がり

なんだか難関試験の様な雰囲気がでませんか?

下手に操作せずに済みますし。



なんて終わった身だから言えるアホな事であり

まあ現実的には100%ありえない話しですが

そう言えば大学別の受験者と志願者の公表があるんでしたね。

これを上手く利用すると

見方次第によっては凄く良い大学の判断材料のデータになると思うので

来週の薬剤師国家試験の結果以上に

興味があります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示