やはりネット医薬品販売は欠陥が多い



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

ネット販売実施店舗・サイト数はほぼ横ばい 厚労省・法令不遵守サイトは約1%に激減
 厚生労働省医薬食品局によると、一般用医薬品のインターネット販売を実施する店舗数は1月末現在で1,178件、サイト数では1,641件にのぼることがわかった。全国厚生労働関係部局長会議の中で発表したもので、法令整備が行われた昨年7月からほとんど変化もないことも併せて示されている。


ネット販売実施店舗・サイト数はほぼ横ばい




思った以上にネット販売が少ないですが

すぐ必要な医薬品は

ネットで悠長に注文している場合ではありませんし

第一類医薬品を販売できるサイトがそこまで増えていない事も原因でしょう。


それならコンビニより多いと揶揄される薬局。

地域の薬局にて

OTCの在庫状況を教えてくれるアプリなんかが出来れば

ネット注文せずにすぐに手に入りますし

いざドラッグストアに入ってアレグラやロキソニンを探しても

登録販売者しか在籍しておらず

結果購入出来ずにドラッグストアを歩き回るような事もありません。


ただ医療用医薬品からOTCへのスイッチがどんどん進めば

良いサイクルになると思うんですけどねえ。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示