仮に病院の敷地内に薬局ができても・・・

政府の規制改革会議は、病院などの医療機関の敷地内に薬局を置くことを認めていない「医薬分業」の見直しを検討する。
医療機関で受診後、薬局まで移動しなければならない不便さを解消しようというものだ。規制を緩和し、独立した経営の薬局を病院内に設置することを認める案などが浮上しているが、医薬分業を推し進めてきた厚生労働省は反発するとみられる。12日の会議で議論が始まる。

不便さ解消へ「病院に薬局」検討…厚労省反発か



既存のマンツーマンの薬局で

今後他に薬局が立つ可能性のない所ならば

敷地内に薬局があれば便利だよなあと思うんですが

そんな簡単な話しではない事は

昨今の医療費問題を考えても容易に想像が付きます。



もしこの案が通るなら色な大きな出来事が沢山起こりそうです。

例えば分業開始時のように

「処方箋発行のリベートを渡す」

なんて典型的な事が裏で行われるかどうかは分かりませんが

少なくとも土地代のオークションが凄い事になりそうです。


まあこの話題は今後色んな所で取り上げるつもりなので

あまり今の段階では深く考えませんが

まっ先に気になった事があります。



そのひとつに診療報酬改定があるのは言うまでもありませんが

それ以外に

もし薬局が病院の敷地内に立った時でも

「今日はどうされました?」

なんてアホな質問から始めなければならないのなら

もうそれだけでメリットを全て帳消しにしてしまう程

この案はナンセンスだと考えています。

立地の利便性以上に

情報共有のメリットが一番大切である事は間違いありません。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示