「少なくとも薬剤師法違反にはならない!」ってアホか

日本病院薬剤師会副会長の土屋文人氏は24日、和歌山市で開かれた日本病院薬剤師会近畿学術大会の情報システム関連のシンポジウムで、薬剤師の業務を支えるスタッフの活用について、法的な位置づけを意識するよう促した。薬剤師法では、薬剤師でなければ調剤してはならないと規定されているとし、違法性を問われない情報システム構築の必要性を強調。
日病薬・土屋副会長「違法性問われない情報システムに」‐非薬剤師の取り揃え行為で


そして奈良県立医科大学病院の対策が


処方箋とは別に取り揃え用の情報を記載した指示書を印刷している。そこには棚番と数量しか記載されておらず、薬剤師資格を持たないスタッフはその情報を見て薬を取り揃える。その後、薬剤師は処方箋を手に監査を行って調剤した薬を払い出している


原則として薬剤師が調剤しないといけないため

苦肉の策だと思うんですが

うーん、という感じです。


今や全自動分包機が使われたり抗がん剤のミキシングをロボットで行なったりと

もはや薬剤師の基本は調剤という時代は終わったのに

法が追いついていない感がモロにあります。



ただ、一番の問題だと思うことは


日本病院薬剤師会副会長ともあろう方が


取り揃えの指示書を別に発行していれば、各種調剤機器が実行している業務を代わりに人が行っているだけと解釈できるとし、「そうしていれば少なくとも薬剤師法違反にはならない」と私見を提示。調剤に関して違法性を問われない情報システム装備構築の必要性を強調した


「少なくとも薬剤師法違反にならない!」

とこれまた何をドヤ顔で語っているのかさっぱり分かりません。
(ドヤ顔か知りませんが)


しかも


今後は、薬のことについては薬剤師が訴えられる」と言及。
「専門職として医師同様の責任を薬剤師も持つことが求められている



という話し。


それならば法の抜け道を見つけて安堵するのではなく

薬剤師が他の業務にもっと力を入れれるように

法の整備を訴えるべきでしょう。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示