それって薬剤師どうこうの問題か?

東京都薬事審議会が20日に開かれ意見交換した。消費者代表の各委員からは医薬品のネット販売解禁によって医薬品や危険ドラッグと区別がつきにくい健康食品等の流通を危惧すると共に、規制の強化などを求める意見があった。

薬事関係業者代表委員の山本信夫東京都薬会長は、薬にかかわる問題については、地域の薬局・薬剤師のさらなる活用を訴えると同時に、くすり教育の充実に向け学校薬剤師の活躍の場を広げる必要性を強調した。


【都薬事審議会】ネット販売解禁の余波危惧‐健康食品などの規制求める



医薬品と危険ドラッグの区別がつかない

だったり

医薬品がオークションにかけられている

なんていう事は

「薬の専門家である薬剤師をもっと活用すべき」

という事よりも

ITリテラシーの問題な気がします。

もちろん販売元が敢えて医薬品と混同してしまうように似せてあるような

悪意のあるものは即刻取り締まる必要があると思いますが

そもそもHP上でも誰でも知っているような医薬品の隣に

全く違う効果の危険ドラッグが並べられるなんて事はないわけで

そもそもその販売サイトの異常に気付くべきだと思います。




それと医薬品がオークションって

考えただけでも何だか怪しいと思いませんか?




医薬品がネット販売になることは

確かにいろんな問題が出ると思いますが

便利になった面も多いはずです。

しかしその便利さを活用できるためには

まずはネットユーザーの常識的な問題が必須なのではないでしょうか。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示