セカオワと校長先生


学生の頃(小・中学)に良く先生から

「風邪が流行っているから手洗いうがいをしっかりするように」

と全く気にも止めていないことを

この時期に言われ続けていました。

そして今になって今度は結構真剣に患者さんに話します。

「感染症が流行っているので手洗いうがいを徹底してください」と。


主治医ならともかく

いち薬剤師が言う何のひねりもない言葉がどれほど相手に伝わっているかは不明ですが

この温度差を埋める事も

コミュニケーション能力のひとつとなりうるのでしょう。





と、このような記事を読んで思ってしまいました。



けっして世間と交われない僕たちがいて、それを理解しようとしない大人たちがいる。でもここには僕たちの大切な場所があって、その場所に見向きもしない人たちの世界が広がっている。彼らは「RPG」という曲で、「『世間』という悪魔に惑わされないで/自分だけが決めた『答』を思い出して」と歌った。

~中略~

卒業式での校長先生の話って押し並べてつまらないが、その締めは必ず「これから皆さんは社会に羽ばたいていきます。壁にぶつかり苦しみもがくこと、悔しくてたまらないこともあるでしょう。そんな時はこの学校で共に学んだ友達の顔を思い出してください。そして自分が信じた道を突き進んでください」である。さて、先ほどの「RPG」の歌詞と比べてみよう。ふむふむ、セカオワの歌詞って「校長先生の話の若者訳バージョン」なのである。


SEKAI NO OWARI はどうして若者に好かれ、大人に嫌われるのか?



何かと中二病の代名詞になりつつあるセカオワですが

彼らの事は校長先生のありがたいお言葉として受け止めて

わざわざ突っ込む事なく暖かく静観する事が大切なんですね。


ぜひセカオワにもお薬手帳の持参を歌って欲しいものです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示