感謝の気持ちは日頃から

15日は「敬老の日」。高齢者福祉の負担をめぐって、30~50代の40%近くが「負担が増えるのはやむを得ない」とする一方、60代の55%は「高齢者も医療費を負担すべき」と考えていることがわかりました。

 これは、JNNデータバンクが首都圏で実施した調査で明らかになったものです。それによりますと、「将来、面倒をみなければならない親がいる」と回答した人は、子育て世代にあたる30代で最も多く、66.4%に上りました。また、「高齢者福祉のために負担が増えるのはやむを得ない」と考える人は、30~50代でいずれも40%近くに上ります。

60代の55%「高齢者も医療費負担すべき」



以前久しぶりに祖父の家に電話したら

あまりに電話するのが久しぶりだったため

オレオレ詐欺じゃないのかと本当に疑われた思い出があります。



感謝の気持ちは日頃から大切にしないといけませんね。



ただ今日のニュースに

「高齢者も医療費を負担すべきか」というアンケートで

60代の55%は高齢者も医療費を負担すべきと考えているらしいです。

で負担すべきでない派が17.8%。

このアンケートは首都圏での実施という事もあり

この手のアンケートは住んでいる地域差が大きく

国民の意識調査としては多少弱い所もあると思いますが

高齢者も医療費の負担を考えるべきという意識には

日本中が向かっているのではないかと思います。


将来的に今の高齢者の負担は増えることは間違いなく

そして今の現役世代が高齢者になったときは

今以上に負担が大きい時代がくるはずです。


悲しくも今の現役世代が高齢者になる事は100%間違いないわけで

そうなった時に

自分の事はなるべく自分で行い

お金の面も現役世代のうちからしっかり管理するといった

若い世代に迷惑をかけないような生活を心がけようと思います・・・



と何となく考えていても

正直ある程度年を重ねてみないと実感がわきません。


自分が将来高齢者になったときに

高齢者だけを守るような政党に選挙で票を入れているかもしれません。


それならば段階的に医療費の負担も増やしていき

将来自分が高齢者になったときに必要となるだろうお金の試算を行う事で

もっと現実味を持って考えていかなければならないでしょう。


急に負担が増えても大変困ります。


ただそう考えた場合

現役で仕事を行なっている60代の人の割合がどれくらいか分かりませんが

引退している人が多いはずです。

つまり収入は年金など以外からは見込めません。

その中でも医療費負担すべきと半数以上が答えるという事は

やはり日本の高齢者はお金を持っているという事なのでしょうか。


いやいや失礼。

身を削ってでも若い世代の事を考えてくれているんですよね。




本当に感謝しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示