旅のお供に出会った本

先週少しだけ夏休み?のようなものがあったので

久しぶりに新幹線に乗って旅行に行ってきました。


乗車時間が約4時間という事で

時間つぶしに本を読もうと思い本屋へ入ったのですが

最近本屋に行く機会が多く

特に読みたい本というものがありませんでした。

それならばせっかくだから久しぶりに数学の参考書でも買って

車内でゆっくり暇つぶししようかなあと思っていた矢先に

ふと目に入った本がありました。


その本をもともと読みたくて偶然見つけたというわけでなく

単に興味があったので

機会があったら一回ネタ的にも読んで見ようと思っていた本です。


ただ普段はどうしても触手が動かなかったので

これは調度いいと思い

持っていた数学の参考書を元の棚に戻し

その目に入った本をレジに持っていきました。



いったいその本は何かというと


薬剤師の皆さん大好き


「薬剤師は薬を飲まない」で有名な宇多川久美子著の第二弾

<薬が病気をつくる>という本です。



ただこの本




ネタにするには少し高すぎます。



1300円+税で計1404円もするのです。


牛丼が今や300円で食べれる時代に

1404円も出さないといけません。

日本のトップアイドルと約1000円払えば握手もしてもらえます。


この本ではお腹も膨れないし

宇多川氏と握手する事もできません。


しかも本の内容は言うまでもありません。




果たしてこんな理不尽な事があってもいいのでしょうか。


「買うお前が悪い」


というのはド正論過ぎて返す言葉もありません。

しかしもう手遅れです。


きっとブックオフに持って行っても牛丼すら食べることはできないでしょう。


こうなったらせっかく購入したこの

<薬が病気をつくる>

の内容を著作権に引っかからない程度に内容をピックアップしてシリーズ化し

この本を褒めまくって賞賛の嵐を巻き起こしたいと思います。


取り敢えず今回簡単に感想を言うと

相変わらずこの人はブレないという事です。







余談ですが

私の数学の知識は中の下です。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示