女性薬剤師支援

薬学部の男女比も約4:6となり

女性の薬剤師が過半数を占める今

女性に働きやすい職場を作るのは今後必須になるでしょう。


全都道府県で調剤薬局を展開している日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:取締役社長 三津原博)では、従業員の約6割にあたる2,352名が薬剤師であり、そのうち女性の比率は69.1%となっています。毎年100名以上の従業員が産前産後休暇・育児休業を取得する中で、日本調剤では産休・育休を取得しやすい環境づくりや休業中のフォロー、ライフイベントに合わせた働き方をサポートするなど、女性が活躍するためのサポート活動を積極的に行っています。
新薬情報等提供で育児休業中の薬剤師に安心感 ~日本調剤 育児休業復帰者アンケート調査~


薬剤師の確保がチェーンの薬局の課題ですが

もちろん大手日調も女性の産休・育休の取りやすい環境づくりを行い

女性薬剤師の確保に力を入れています。


具体的な取り組みのひとつに

産休・育休中の女性が復帰の際の不安を解消するために

休職中の女性に資料を配布する事で

自宅で育児をしながら勉強が出来るようなシステムもあるそうです。




確かに休んでいる間の知識のアップデートは大切です。




ただ、バンバン送られてくる資料により

精神的に焦りを感じる事も産休中のお母さんには

精神的によろしくない事もあるかもしれませんが

まあそれは余計なお世話ですね。

きっとしっかり消化して知識を身に付けているのでしょう。




今は大手に関わらず

職場復帰する主婦のためのサポートもしっかりしています。

復帰のための研修があったり

その研修の出席によりお金を貰えたりもしています。



そもそも薬剤師は比較的再就職先の職場も多いですし

給料も良い。

いろいろと恵まれていますねえ。



将来飽和と言われていることや

薬学部6年制により女性が6年大学に通うことにより

人気が低迷するのではと言われていましたが

やはりこのご時世。

就職先の数と子育てとのキャリアの兼ね合いなど

やはり薬剤師免許はとても使い勝手のいい免許だと思います。


ただあくまでも需要があっての話し。

女性の薬剤師にとって今が一番いい時期だと

将来になって言っている可能性も大です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示