ネーミングセンスは重要


セルフメディケーションを推進して行くことは難しいです。

何かきっかけがないと爆発的に推進するとは思えません。

やはり利用者に何かしらのインセンティブが無いと厳しいでしょう。

そしてそれには国の大きな舵取りも必要になってきます。


しかしそんな中でも

国に頼るばかりではなく

各県単位でアイデアを出し

それを実践していく事は素晴らしい事だと思います。


岡山県薬剤師会はこのほど一般用医薬品など約100品目を「岡山版エッセンシャルOTC」として選定した。併せて、1個単位で一般用医薬品の発注が可能な流通体制を、各卸の協力を得て構築した。販売手順も整備し、ノウハウを持たない薬局でも一般用医薬品の販売に取り組めるように支援している。薬局の機能は本来、調剤業務だけでなくもっと幅広いものだとし、県下の全薬局が一般用医薬品を供給できる体制の実現を目指す。地域住民がいつでも気軽に相談できるかかりつけ薬局としての位置づけを明確にしたい考えだ。

岡山県薬剤師会、岡山版エッセンシャルOTCを選定―1個単位での発注体制構築



名前がいいですね。

エッセンシャルOTC。

内容はさて置き何かが変わりそうです。




薬・医療業界ではスタンダードで使用されているネーミングが

一般的には全く認知されていない事が多々あると思います。

逆に名前により認知度が上がれば

それを利用する人や関わりのある人が増えて行くことになります。

例えばジェネリックや後発品という言葉もいつの間にか市民権を得る事ができました。


今後の付けるネーミングは直感的でイメージしやすい

広く広まりやすそうなものを付けていきましょう。


じゃあどんな事をどんな名前に変えればいいのかと言われれば

全くもっていい案が浮かびませんが

取り敢えず要指導医薬品や登録販売者なんていうのは

即刻名前変えした方が良いと思います。


扱う薬と扱う人間がこれでぱっと判別できますか?



なぜロキソニンをあのドラッグストアは売れないの?

となるだけでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示