橋下さん、この予算通ります??


大阪府薬剤師会は、大阪府と大阪市に対し、健康情報拠点としての薬局の活用などについて予算を要望した。また、薬物乱用撲滅キャンペーンの一環としてサッカーチーム・ガンバ大阪の遠藤保仁選手を起用したポスターを作製した。
大阪府薬】健康情報拠点事業など、府・市に予算要望


個人的には細かい事に予算をつぎ込むよりも

薬局の地位向上を目指すのであれば

まずは薬薬連携に予算をかけるのが一番効率が良いと思うんですけどねえ。

それにしても薬局で簡易検査が可能になったのに

この予算要望に組み込まれていないという事は

そもそも薬局での簡易検査は期待されていないという事なのでしょうか。





以下個人的意見です。


大阪府薬の予算要望の主な内容


▽地域医療における健康情報拠点としての薬局の活用
→具体的に何に対してどう予算が必要なのでしょう。

 ▽危険ドラッグ等薬物乱用防止啓発事業
→ポスターでも作りますか?

 ▽国民が安心して医療・介護を受けられる環境整備
→ぜひお願いします

 ▽医薬品をゼロ税率などの軽減税率の対象とし国民の負担減を図る
→税と社会保障の一体改革とは何だったのか

 ▽府民・市民のお薬相談への助成
→薬局では無料で薬の相談に乗りますよ

 ▽大阪e-お薬手帳アプリ機能の充実やさらなる普及のための費用助成
→ぜひお願いします

 ▽学校における「くすり教育」等の充実・強化
→OTCのネット販売も開始したのでぜひ

 ▽在宅医療を推進するための医療連携体制の充実および無菌調剤設備の維持管理に対する助成
→当然必要でしょう

 ▽災害時の医薬品確保体制の整備ならびに薬局薬剤師の参画
→病院はもちろん卸やメーカーも巻き込んでの対策が必要でしょう

 ▽後発品の使用促進への助成
→後発品体制加算があるので十分

 ▽一般用医薬品の適切なリスク分類および販売制度の趣旨の啓発
→薬を提供する側の教育をまずはしっかり行うべき



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示