三橋貴明さんが薬局の将来について解説

薬ネット販売 地方の薬局潰れ、薬剤師は失業【三橋貴明】 経済評論家の三橋貴明さんが、薬ネット販売 5品目禁止、さらには地方の薬局は潰れ、薬剤師は失業、くすり難民が増えると解説して­いました。



うーん、どうもこの動画を見る限り

ネット販売解禁が処方箋薬のネット販売解禁のように捉えられています。


地方の薬局は潰れるという持論と

都会は大丈夫と言い切る点から

やはりOTCと医療用を混同しているのでしょう。


確かにOTCを主軸としていた従来の薬局では軒並み潰れ

それも地方は大手ドラッグチェーンなどの参入により

より顕著ではあると思いますが

今の時代、薬局=保険調剤薬局を指すのが一般的です。


なんだかTVでこの人を見て

いつもキレそうなぐらい強い口調で話すので

相当自分に自信がある人だと思い眺めていただけに

ちょっと残念な気持ちになりました。




話は変わりますが

もし将来的に医療用もネット販売可能になった場合

確かに薬局へのダメージは大きく

同時に薬剤師の失業も増えるでしょう。




ただ、くすり難民は増えない気がします。



なぜなら医療用医薬品がネット販売解禁となっても

おそらく住み分けがしっかりしてくると思うからです。

つまり本をネットで買う人

書店で買う人

電子書籍で買う人

様々な人がいるように

くすりも患者さんの選択により購入先を決めていくようになると思います。


しかしそうなる時代では

恐らく既存の薬局への待遇は悪く

薬局もジリ貧の状態になるでしょう。


そう考えると薬局のピークはまさに今なのかもしれません。


転職を考えるのならば

次の診療報酬改定を目処にするのが得策かもしれませんね。

それか国試の合格率が極端に悪かった今年を狙うのもアリでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示