試験に出る問題は必死で勉強する


在宅医療って何



在宅医療を進めようとする理由は

国のお金の問題がほぼ全てと言ってもいいと思います。


もちろん終末期を自宅で迎えたいと思う人もいるでしょうが

家族に迷惑をかけるからと出来ることなら病院での週末期を迎えたい

と考える人も結構いるのではないでしょうか。




在宅医療に関しての一番の問題は

やはり医者が足りないという事でしょう。



患者さんの自宅に一人の医者が向かうより

病院へ患者さんが集まる方が効率がいいのは当然です。


現実的に医者が足りてない現状で在宅が充分に行えない事が

今後の医療の大きな議題になると思います。





そんな在宅医療を勧めるために

今色んなコメディカルでのチーム医療が必要とされています。




個人的にも

全てのコメディカルが集結して

しっかりトリアージが出来れば

医者の負担も最低限に抑えられ

医療費の抑制にもなると思います。




話が少しそれますが

薬剤師が将来飽和する事をうけて

今後は薬剤師においても

専門薬剤師や認定薬剤師の資格が必要だ

と言われています。

それは個別に見れば非常に専門的な知識が付き

より高度な指導ができる

薬剤師の大きな武器になる事は間違いありません。



しかしもう少し現実的な問題に目を向ける事も必要ではないでしょうか。



最近在宅療養支援認定薬剤師が設立されました。

きっと将来を見越して学ぼうと考える人も多いと思います。


ただそれならば大学教育で学ぶのが一番手っ取り早い。

例えば国試の配点や科目においても

二度と現場で使わないような事を学ぶより

もっと在宅に目を向けた問題が5問ぐらい出来てもいいと思うんですけどねえ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示