今を必死に生きていない薬学生や薬剤師へ

薬学部が6年制になり

新設大学も多く設立され

薬剤師になるために

薬学部に入る事は大変容易になったと思います。


しかし容易になったと言えども

薬剤師になるために必死に勉強し

自分の希望の薬学部を目指している高校生もかなりいると思います。

そして希望の薬学部に合格し

自分の理想としている薬剤師を目指すために日々勉強している人

取り敢えず薬剤師免許を取らなければと定期試験だけ頑張っている人

様々な人がいると思います。


自分は薬剤師になりたいと結構早めに思っていましたが(確か小学校高学年ぐらい)

薬学部に入った後には

特に自分の理想な薬剤師像というのはありませんでした。

というかそんな事は考えもしませんでした。

ただ薬剤師になれればいいと思ってました。


そもそも大学生にもなって自分の将来の職業のビジョンも持たないなんて

なんて幼稚な大学生だったのだろうかと思うのですが

結局大学4年制~国試までの忙しさにかまけて

そんな余裕もなかったんだと思います。


そんな大学生を過ごし

晴れて薬剤師になって数年が経ちますが

今になっても自分の目指す薬剤師像なんていうのは

綺麗事ばかりで

その綺麗事ですら本気で叶えようと考えているのかと言われれば

なんだか良く分からない今日この頃です。


今考えれば薬剤師になるために必至に勉強した高校や国試前と比べると

今の生活習慣なんてものは堕落そのものであり

たまに数時間勉強しただけでも

「かなり偉いな自分」と思ってしまいます。






あの時に出来た事が今になってできない。






本来ならば今のために頑張ってきたはずなのに

いざ今になってみるとどんどん妥協してしまう自分がいます。






もし高校の時にアホみたいに厳しかった英語の先生がいたら

きっと今の自分はボッコボコにされているでしょう。





思い出なんてのは勝手なもので

なんでも美化してしまいますが

それが無駄なことなんて何一つないと言える所以なのでしょうか。





なんだか支離滅裂な話しになってしまいましたが

その理由は

個人的に今年読んだ漫画の中で間違いなくベスト3に入るであろう

「かくかくしかじか」/東村アキコ

の最新刊を読んでしみじみ感慨にふけってしまったためです。




ぜひあの頃よりも必死に生きてないと思う人は読んでみてください。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示