医師がいれば心強い

OTCのネット販売が可能になり

多くの企業が薬剤師を常駐させて

電話やネットでの相談の形をとっています。



市販の薬を使用しても症状の改善が見られないときや

飲み合わせの疑問が起こった際に

気軽に無料で薬剤師に質問できる事は

ネット販売が生み出した薬の安全利用への貢献ではないでしょうか。



しかし今日目にしたプレスリリースでは

医師・薬剤師などの専門家への相談が可能な

モバイルサイトの情報が載っていました。

(株)エムティーアイが運営する、24時間現役医師が答えるスマートフォン向け健康Q&Aサイト『カラダメディカ』に、7月31日(木)から薬剤師相談が導入されます。
『カラダメディカ』は、電話やメールで24時間365日、ユーザーの質問・疑問に現役医師や看護師・保健師などが回答してくれる便利なサービスです。
「夜遅く急に子供の具合が悪くなったけど病院に行くほどではないかも」「面と向かっては、なかなか聞きにくい症状がある」…そんな悩みや不安を専門家たちがサポートしています。
本日より新たに、要望の多かった薬剤師相談を導入し、市販薬(対面での販売が必要とされる薬は除く)についての質問ができるようになります。薬剤師が直接質問に答えてくれるモバイルサービスは、当社が初の試みで、市販薬のネット購入が広がりを見せる中、より細やかなサポート体制で、人々の健康に役立つ情報を提供していきます。



モバイル初!市販薬について薬剤師に質問できる『薬剤師相談』を導入


もちろん薬剤師だけではなく医師や看護師が相談にのってくれる事は

他よりも差別化が図れているなと思ったのですが

どうも腑に落ちない事がありました。



それは月額324円という価格設定です。



なぜなら一般の人は身体に何かしらの症状があったときだけ

情報が得られれば良いため

年中サイトを利用する人はほとんどいないと思うからです。


よって単回で課金する形にするべきなのにと思っていたのですが

良く考えてみたら

在宅医療に利用可能なサービスの形になるのではないかと思いました。


もちろんスマホ上でやり取りをするため

すぐに何かあった時などは対応出来ない場合もありますが

スマホのカメラなども活用して

それをリモートでドクターが判断する事が出来れば

病院受診の頻度もかなり下がると思います。


更に相談があった人の位置情報から

近くの受診するべき病院を検索する機能なども付ければ

凄く質のいいトレアージになるのではないでしょうか。





急な相談で答えを求める人は

「今何をするべきか」という事の答えが欲しい人がほとんどです。

病院を受診した方がいいのか

頓服薬はどのタイミングで使うかなど

言い換えれば指示を待っている状態です。

しかしその指示を受けれる所がはっきりしていないため

結局病院受診する事になる人が多くいたのではないでしょうか。


そこで在宅医療を行なっていても24時間対応している身近な医療期間が

例え画面越しでも医師がいる事は大変心強いと思います。




今後スマホなどをフル活用する事で

そういった人達の相談場所を作る事は

医療費の削減にも貢献できるでしょう。


ただ薬剤師もチームの一員として活躍していく中で

「近くの薬局よりスマホ越しの医師」

と言われないようにするために今後学ぶべき事は多いと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示