技術の進歩は凄いなあ

みやこ薬局大宮店(京都市)は、調剤過誤を防止し安全性を向上させるために薬剤自動識別照合システムを導入した。薬剤師が取り揃えた薬の種類や数が処方データに合致しているかどうかを自動的に識別するこのシステムを、鑑査の前段階に活用。間違った薬が患者に渡ってしまうのを未然に防ぎ、安心・安全な医療を実現させている。

調剤過誤防止にシステムを導入‐安心・安全な医療を実現



技術の進歩により

処方箋受付から薬を渡すまでの一連の流れにおいて

ヒューマンエラーは撲滅しそうな勢いです。


「EM Audy」は、薬剤師が取り揃えた薬の種類や数が、処方データに合致しているかどうかを自動的に識別するもの。トレイ上のPTPシートや外用剤、点眼剤の画像を装置内のカメラで撮影し、薬の形や輝度を識別する高度な画像解析技術によって照合。同時に電子天秤で重さを測定し、トレイ上に何の薬がどれだけ載っているのかを総合的に判断する。複数の薬剤を載せたトレイを装置にセットし照合ボタンをタッチするだけで、数秒程度で照合結果を表示する。



ピッキング間違いは改善され



薬剤師は処方箋の原本をもとにピッキングを行う。一方、「EM Audy」はレセコンに入力された処方データをもとに照合を行う。薬剤師のピッキングに間違いはないのに「EM Audy」がエラーを発する場合は、レセコン入力のミスがあると考えられる。「ジェネリック医薬品への変更が非常に多い。それがレセコンでの入力に反映されていない場合も発見できる」と小山氏は語る。


レセコン入力の間違いも改善されます。



後は患者さんに提供する薬情なども

患者情報を入力する事で

オーダーメイドな薬情の作成が可能ならば

より安全で有意義な投薬が可能になります。


後は薬剤師がいかにIT技術的な物以外で付加価値を付けられるか。


しかしひょっとすると数年後は

pepperの様なロボットが患者さんに投薬している時代が来るかもしれません。


そうなれば薬局での医療費も下がり

国への負担も軽減するばかり。

そして薬剤師は不要の時代になるのでしょう。


冗談はさて置き

せっかくの技術の進歩を享受出来るのも

かなりのコストを要すると思います。


しかも頭の固い経営者などでは

昔は全て人間が行なっていた事に無駄にお金をかける必要がない

などというトンチンカンな持論を持ち出す人もいます。


そういった事の改善の為にも

やはりコスト削減は必須です。


IT技術を取り入れる事が可能になれば

お薬手帳問題や

薬薬連携システム

そしてヒューマンエラーの防止に繋がり

他にも多くの問題点が改善に向かうでしょう。



ただ競争が激化するような分野ではないため

難しいでしょうねえ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示