薬局の健康相談所は「美容」からアプローチ!


セブン&アイ・ホールディングス傘下でコスメ&ドラッグ事業を展開する、株式会社セブン美のガーデンは2014年6月28日(土)『セブン美のガーデン高砂店』をイトーヨーカドー高砂店1階にオープンいたします。「セブン美のガーデン」第54店舗目の出店となります。今まで以上にお客様にご満足いただける専門性の高い店舗運営を実現する初めての「セブン美のガーデン」自主独立運営店舗となります。
医薬品から健康食品、日用消耗品までお客様ニーズをしっかりと捉えた品揃え、お近くにお勤め、お住まいの方に近くて便利な『街のお薬屋さん』を目指して参ります。経験豊富な女性薬剤師や女性を中心とした専門スタッフが、お客様の日々の健康のお悩みやご要望にきめ細かくお応えいたします。お客様の健康と美容の悩みの解決がきっとみつかる『セブン美のガーデン高砂店』へどうぞ、お気軽にお立寄ください。
セブン美のガーデン高砂店オープンのお知らせ


薬局が地域の健康相談所になるのはハードルが高いと思います。

なぜならば薬局はあくまで薬局でしかなく

病院の処方箋を持って行き薬を貰いに行くという印象しかないためです。

健康相談所になると言っても患者さんにはほとんど伝わってないのが現状でしょう。


ではどうすれば健康相談所に成りえるのか?

個人的には「美」の分野からのアプローチが一番効果的ではないかと考えます。

なぜなら「美」は多くの女性が関心を持つところであり

「美」を保つためには健康というものは非常に強い関係にあるからです。

例えば肌が荒れていた場合

病気の徴候ではない事は全然ありえますが

皮膚が荒れる原因となる生活習慣や食生活の見直しと

適切なサプリメントの提案などを行える事に繋がります。

そして肌荒れを改善するために食生活が変わっていけば家族の食生活も変わってきてきます。

そうなるとメタボ気味のお父さんもベルトの穴がひとつズレることに繋がるかもしれません。

と極端な例を挙げましたが

あくまで薬局及びDSの入り口のハードルを下げる事が大事であり

そのためには既存の薬局の形をぶち壊す必要が出てくると考えます。


そうなるとこの「セブン美のガーデン」なんかは非常に面白い試みだと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示