成長戦略で薬剤師業務拡大(予定)

政府は16日、産業競争力会議に改訂版成長戦略の素案を示した。効率的で質の高い医療提供体制を構築するため、薬剤師等の業務範囲のあり方を検討し、役割を拡大する方向性を示したほか、2015年度までに電子処方箋の実現を目指す方針等を打ち出した。
薬剤師等の役割拡大を検討‐改訂成長戦略素案示す

成長戦略のひとつとして薬剤師業務拡大の方向性に進むみたいです。

具体的な事は分かりませんが

一番の問題は医師会の反発になってくるのでしょうか。


業務拡大に加えて

OTC薬へのスイッチ促進も挙げられており

スイッチが進めば

セルフメディケーションも進み

検査薬なども扱えれば予防医学も進む。

そうすると医療費も下がり病院受診率が下がります。

そうなると医師側はやはり反発するとは思いますが

薬剤師側も

充分なトリアージを学んでいないため

スイッチ化を進めるべきと胸を張って言えないのが現状でしょう。


しかしそんな時こそ

数多くある薬科大での教育で

先を見据えた教育を行う大学があってもいいと思うんですけどねえ。


あと薬剤師会もそういった勉強会を開催してくれればいいと思います。

恐らく講師などの調整がつきにく事もあると思うのですが

あまり現状に即したテーマは挙げられない事が多い気がします。

例えば在宅を進めたいのならば

それに即した勉強会の頻度を上げてもいいはずなのに

毎回「なぜ今そのテーマ?」

と思わされる勉強会がかなり多い気するのは自分の住んでいる所だけでしょうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示