薬剤師が必要なコミュニケーション能力は患者さんでなく職場の人に対するもの

恐らくずっと言われている事だと思いますが

「これからの薬剤師はコミュニケーション能力がより重要になってくる」

と言われています。

多くの人がそれを聞いて「確かにそうだな」と納得するでしょう。

しかしこのコミュニケーションとはあまりに漠然としすぎていて

どうも把握するのが難しく思えてしまいます。

と言うのも

世の中には薬の作用機序を丁寧に書いてある書籍は沢山ありますが

薬剤師に置けるコミュニケーション能力の事に関しては

ほとんど為になるものが無く具体的な事に関して乏しすぎるのです。

敢えて挙げる具体的な事と言ったら

「傾聴してあいづちを打ちなさい」や「おつらいですね」と共感の意を述べたり

「相手のパーソナルスペースを侵さない」などがほとんどです。


ではなぜそれほどまで重要重要と連呼されるコミュニケーションが

あまりに曖昧なのか考えてみました。


個人的には実は薬剤師のコミュニケーション不足は言うほど問題ではなく

問題なのは人間力の低下であり単なる医療の知識不足であるということ。

もっと学ぶべきコミュニケーションとは

対患者さんではなく対周りの人間だという事です。


ではひとつ目の薬剤師のコミュニケーション問題ですが

薬剤師のコミュニケーション能力が高いか否かは置いといて

少なくとも患者さんと接する際には

質の問題はありますがそれなりに対応出来ているのではないでしょうか。

つまりコミュニケーション能力は「ある程度は」保持しているということ。

なぜなら薬剤師として業務を行う場合

そこには薬という媒体が存在し

それを介して患者さんとコミュニケーションを取る事が約束されています。

つまり患者さんと薬剤師が接する時点で一連の流れというのは

すでに決まっているのです。


例えばあまり話が上手でない人でも

いざ患者さんの前になったら人が変わったように

しっかり対応する人がいます。

それはやるべきこと・話すべき事の流れがある程度決まっており

仕事モードのコミュニケーションになっているからだと思います。

もちろんその中で敬語が使えなかったり

薬の説明だけ一方的に行なったりする薬剤師もいるので

コミュニケーションが重要と言われる所以だと思うのですが

それは薬剤師としてではなく人間的なコミュニケーションが足りていないのだと思います。

つまり一部の人を除いてコミュニケーションは薬を介して

しっかり行えているのではないかと思うのです。

少なくとも今後特別なコミュニケーションを必要とするものではないでしょう。



ではなぜハードルが下がったとはいえ

上手く患者さんとコミュニケーションが取れるのかと言うと

それは勉強してきたからだと思います。


しかしそれは社会に出てから薬剤師のコミュニケーション能力が向上するための

本を買って勉強したようなものとは違います。

なぜなら先程も書いたように「薬剤師」と限定したものになれば

あまりに漠然としすぎていて

為になるかと言われれば疑問符がつくからです。

では何をもって勉強してきたのか?

それは正解のある問題と接する事で得てきたものだと思います。

例えば決まった答えが存在する国家試験や大学の講義の中に置いてでは

きっと正解を得られるように正しい事と誤った事をしっかり選別してきたはずです。


薬剤師の対応なんてケースバイケースだと思われるのに

そこではより正しいひとつの答えがあります。

恐らくそれはよっぽど堅固な知識であるはずです。

私達はそれを知識として学び自然と行なっているため

完璧な対応とまではいかなくても

ある程度のマニュアル化された対応が出来ているのではないでしょうか。

そしてそれを実際に仕事として身に付け、蓄積していくうちに

しっかりしたコミュニケーションが学べているのではないでしょうか。


ということで個人的には漠然としたコミュニケーションを過度に必要とするならば

まずは土台を作るために

薬の知識ありきの

マニュアル化された対応を学んでいけばいいと思います。



では本当に必要なコミュニケーションとは具体的に何なのか?

これは対患者さんではなく

むしろその他全ての人に対するコミュニケーションだと思います。


具体的に言うならば同じ職場の人。

例えば病院内だとドクターをはじめとする医療スタッフ。

薬局ならば同じ薬剤師と事務さんといった具合です。


なぜそこが重要なコミュニケーションと言いますと

近年チーム医療や在宅医療の大切さを説いている一方で

医療系の職場のコミュニケーションが表面的に重要視されていないからです。



医療の中心が患者さんなので

コミュニケーションの対象が患者さんになるのは必然なのかもしれませんが

実際に職場でのコミュニケーションもかなり大切だと思います。



仮に職場内でのコミュニケーションが全く取れてない状態だと

患者さんとの対応も上手くいかないことも出てきます。

逆に職場でのコミュニケーションが良好であれば

患者さんとの接し方もより円滑になる事もあります。

例えば薬剤師の疑義照会が少ないというデータもあるみたいですが

それは対医者へのコミュニケーション不足といえます。



職場でのコミュニケーション不足は問題ですが

それは患者さんにとっては無関係の話し。

しかし医療人も人間なので周りの環境を100%割り切って患者さんに接する事が

毎回出来るかと言われるとそれは難しい話しでしょう。




という事で今後必要なコミュニケーション

それは患者さん以外にも目を向けたコミュニケーションにも

目を向けなければならないでしょう。



もちろん患者さんの対応をおざなりにしてはいけません。

薬の勉強をしっかり行い知識を最大限フル活用しようと思えば

必然的に患者さんに合った対応になってくるはずです。

そして先ほども言った最低限のマニュアル化されたコミュニケーションを学び

現場で新たに蓄積していく。

それと同時に職場でのコミュニケーションが大切になってくるのではないかと思います。



コミュニケーション能力がこれから求められる時代になるというよりも

これまでもずっとコミュニケーションは必要でした。

しかしヒューマンスキルの低下から「コミュニケーションが大切」と

形骸化された言葉が一人歩きしている気がします。

もし今後「コミュニケーションが重要だ」という記事があったら

「なぜ重要なのか」「それがどのような影響を及ぼすのか」

という事を噛み砕いで

コミュニケーションとは何なのかと考える必要があると思います。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示