「薬剤師ソング」ってネーミングセンスがゼロ

会員委員会では「われわれ薬剤師が思っているほど、社会では薬剤師という職業が周知されていないと思われる。その要因の一つに、薬剤師という“職能”のアピール不足が挙げられる。最も重要なのは、医療現場での実践の積み重ねで職能をアピールすることだが、今回は歌という今までにない媒体を使って薬剤師の存在を社会にアピールしたいと考えた」という。
【都薬】薬剤師ソング「紙風船」‐歌を通じて職能アピール


個人的に発想自体は凄くいいと思います。

一見「ちょっと頭おかしくなったのではないのか」と疑いたくなるような

コメントを発していますが

薬剤師の存在をアピールするにはアリだと思います。

この調子でアイドル作ってみたり

非公認ゆるキャラを作ってみたらいいのではないでしょうか。




ただこの戦略の問題点が2つ。


まず知名度の低い人を起用しても話題にもならない事。

どうせならば今話題の人使いましょうよ。

SEKAI NO OWARI とかKANABOONとか。

そうすれば自然とTV番組とかでも取り上げられて2次効果も狙えると思うんですけどね。



それと2つめなのですが

薬剤師の職能アピールの方も真剣に考えてくださいね。


「1年半をかけて完成した」

って言ってる場合じゃありません。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すみません。
私、昔からセンス悪いって言われています。

ただの言い訳ですが、ボランティアと個人の低予算で作成してますので、有名人は難しかったです。

また、薬剤師の職能アピールも当然委員会で検討しております。
なかなかいいアイディアが出てこないのが現状ですが。

ブログに取り上げていただきまして、ありがとうございます。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示