東京は薬剤師も多く大学も多い

東京都は、厚生労働省の調査結果を基に2012年の都内の薬剤師数などを集計し、先月30日、結果を公表した。それによると、12年の都内の薬剤師は4万4718人で、10年の前回調査より362人(0.8%)増加。薬剤師数は、比較できるデータのある1960年の調査以来増え続け、過去最多を更新した。また、この約半数の2万人強が薬局で勤務しており、うち女性が75%を占めた。
東京都の薬剤師、4万4700人で過去最多



<薬剤師数>()内は人口10万人あたりの薬剤師数ランキング
1位 東京都42.535人(2位)
2位 大阪府23.288人(4位)
3位 神奈川県17.650人(20位)

45位 福井県1.286人(40位)
46位 島根県1.143人(41位)
47位 鳥取県1.054人(27位)
(2008年のデータなので少し古いですが)


東京都には薬学部が10大学あり
[東京・東京薬科・明治薬科・星薬・昭和薬科・慶応・北里・昭和・帝京・武蔵野]

人口・薬剤師数および薬剤師人口比が充分な数になっています。

ちなみに2番目に薬学部が多い県は千葉県で7大学です。
[千葉・千葉科学・東京理科・日本・帝京平成・東邦・城西国際]

その他4大学を持つのがこちら
愛知 [愛知学院・金城学院・名古屋市立・名城]
大阪 [大阪大谷・大阪・近畿・摂南]
兵庫 [神戸学院・姫路獨協・兵庫医療・武庫川女子]
広島 [広島国際・広島・福山・安田女子]


ここでの問題は都心部に薬剤師が集中してる反面

対薬剤師数の少なく

そもそもの薬剤師の数が少ない

福井県や島根県でしょう。

給料で言えば

福井428万円

島根573万円

となり島根県は65歳以上の人口割合が2番目に高いことから

医療を必要とする人も多いため薬剤師の需要も高まり

給料も上がっているのでしょうか。

ちなみに都道府県別の薬剤師の給料が一番高い

山口県は65歳以上の人口割合が4位という事で

やはり高齢者の数はある程度薬剤師の給料に関係しそうです。

ただ薬剤師の給料が下から2番目に低い山形県は

65歳以上の人口割合が5位と言うこともあり

一概に言えないケースもありますね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示