無保険者に医療を 米国の学生が挑む「無料」診療所

学生たちによって運営されるこのクリニックでは、地域の診療所を毎週土曜日の数時間だけ開放し、貧困層かつ保険を持っていない人を無料で診ていた。主に、不法移民やホームレスの患者さんたちだ。公衆衛生大学院生たちが受付の担当係やスペイン語の通訳を担い、診察を担当するのは、医学生の3~4年生(メディカルスクールは4年間)か、NPかPA学生の2年生(NP/PA講座は2年間)たち。それ以外の学年の学生は、バイタルサインを取ったり、患者を診察室に案内したりして、いわゆるメディカルアシスタントの役割を担う。だから、NP学生が診察担当で、アシスタントが医学生であることも、その逆もある。

無保険者に医療を 米国の学生が挑む「無料」診療所


アメリカならではと言いますか

学生からすれば様々な事が経験できて

将来の指針になる大きな要素になるでしょう。


日本での導入を考えるならば

先に不法移民やホームレス問題を解決する方向に向かうと思うので

あまり現実的はありませんが

実際に責任感を持って医療人として

「仕事」をする機会は実習しかないため

それをいかに実習で学べるかというのは非常に大切です。


となると実習を受ける側の責任というのは非常に大切であり

果たして今の薬学部の実習は満足のいくものが行えているのでしょうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示