実習でセルフメディケーションが満足に出来るはずがない

日本薬剤師会は、これまでの薬局実習を振り返るアンケート調査結果をまとめた。その結果、これまでに受け入れ学生数「7人以上」が回答者の4分の1を占め、早いタイミングで患者とのコミュニケーションをとらせていることが分かった。一方、過半数がセルフメディケーションに関する実習を「できていない」と回答している。また、一般薬の取り扱いが希薄であることなどが明らかになった。
【日薬】過半数がセルフM対応できず‐新コアカリ下の実習へ課題抽出


実習でセルフメディケーションが出来てないと言うより

薬局でセルフメディケーションが出来ていないという事でしょう。


今日TVで血糖測定が薬局で可能というのをやっていましたが

現実そのレベルなので

なかなかセルフメディケーションと胸を張って言えるような

状況ではないのが現状でしょう。


診療報酬改定で

かなりのダメージを負っている薬局も多い中

将来の薬剤師ための教育と言えども

体力的にきつい中

そもそもセルフメディケーションは

体制の面でも

規制の面でも

そして薬剤師の意識の面でも

今のままではセルフメディケーションが進むのは

難しいと思います。


そんな現状で実習に関与しても

学生自体のモチベーションが上がらないでしょう。


一番の意識改革は

OTC薬がどんどん増える事に尽きると思うんですけどねえ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示