不妊の原因の48%は男性

不妊の原因は女性側に求められがちだが、世界保健機関(WHO)によると全体の48%は男性側にあるとされる。専門家によると、こうした現実と認識のずれや、男性の持つプライドなどが、治療を遅らせる結果につながっているという。
男性のプライドが治療の妨げに…激増する不妊治療の相談

以前
「子どもが欲しい」と思う人をサポートする生殖補助医療
はすさまじい勢いで進歩している
→生殖医療について考えるより

という記事を取り上げましたが

そういった医療の進歩に反比例して

基本的な問題の解決が出来ない事が

カップルの7組に1組の割合で

不妊である現状を生み出しているのでしょう。


ただ

ここに置ける男性のプライドって何なのでしょうか?

生殖の能力が低いことを数字で突き付けられる事

自分の精子を病院で検査してもらう為に射精する事

などでしょうか。

それ以外にも様々な物があるかもしれませんが

真剣に子供を望んでいるのであれば

さして問題ではない気がするのですが。。。

しかしもし仮に不妊の原因がほぼ女性にあると思っていた場合

わざわざ男性が病院に行くことはしないかもしれません。


「原因は女性」
「自分は仕事が忙しい」

などと考えている状態で

わざわざ病院に行く必要性が果たしてあるのだろうか。

それはプライドと言ってしまえば無責任に思われますが

ある種無意識の現実逃避なのかもしれません。


まずは男性も不妊の原因があると

もっと広めていく事で

男性も検査しやすい雰囲気を作らなければなりません。




今回のデータで約半数が男性にも原因があると

男性の比率が急上昇した気がするのですが
(以前は昔は女性が原因と良く言われてた気がします)

実際は

「男性だけ」「女性だけ」の問題でなく

2人の問題というのもあるのではないでしょうか。



仮に不妊の原因がはっきりしたとしても

二人の間に産まれてくる子供のためです。


不妊治療に置いては二人の治療と捉えて

考えて行かなければならないと思います。


そのためにはまずパートナー同士で

互いに支えあう関係を築かねばなりません。

例え結果子供が出来なかったとしてもです。

むしろ子供が出来るまでの間はずっと

子供が出来ない状態であるため

その間お互いが支え合う事が必要だと思います。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示