毎回発行でOKなお薬手帳の本当の意図

4月になりました。

多くの薬局が今回の診療報酬に悩まされる中

一番迅速な対応が求めらる

お薬手帳について様々な手段をとっているでしょう。

個人的な意見は以前もブログに欠かせてもらいました。

「お薬手帳がない方が安く済む問題」は全く問題ない


そして実際に4月になり

様々な薬局の対応が目に入ったので改めて書かせてもらいます。


今回の改訂では

「毎回お薬手帳を渡すのはOK」

という事になりました。

そして取り敢えず新たに手帳を発行する薬局も多いと思います。

まあそれが正しくない云々は置いといて

問題は

なぜ毎回お薬手帳を渡す事でOKになったしまったのか

という事です。

本来なら絶対NGとしませんか?


超個人的な解釈ですが

次回の診療報酬改定で次回の2年先まで

今はこの形(手帳を毎回渡す)でセーフにしとくから

次までにしっかりお薬手帳の意味を

患者さんに知らせてくださいよ。

次はこんな優しくはしませんよ。

と言っているように思うのです。



と同時にお薬手帳の電子化を

かなり本格的に進めたいのではないかと思います。


そもそも国がお薬手帳の意義を

低く見積もっているとは思えないからです。


もちろん自分がおめでたい人というだけかもしれませんが

今回の調剤基本料の

お薬手帳という微妙な所にターゲットを絞る必要に疑問を感じます。

しかも毎回発行でOKというおまけ付きで。


結局の所

お薬手帳の必要性というのは

薬剤師側では充分承知ですが

一番必要な患者さんにとって多少形骸化してしまっている所があり

その存在意義を理解されてない現状は

お薬手帳の普及に伴って

実際マンネリ化していたと思います。


薬剤師もお薬手帳の意義を

薬剤師目線で訴えるだけではなく

患者さん目線で訴える必要性があるのだと

今回の改定を機に考える必要があると思いました。


ということなので

手帳を毎回渡せばOKというのは

次は通用しないと考えつつ

お薬手帳の普及に伝えましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示