看護師に負けてられない

医師に代わって医療の一部を担う「特定看護師」制度が始まる。医師の負担を減らし、高齢者の在宅医療を支える人材として期待されている。安心な医療を提供できる存在に育てたい。

厚生労働省の制度は、より専門的な気管挿管や傷の縫合、薬投与の調整、脱水時の点滴などをおおまかに「特定行為」として示し実施できる医療行為を広げる。人材は高度な知識や技能を身に付ける研修制度を設け育てる。

関連法案を今国会に提出し二〇一五年十月からの実施を目指す。

特定看護師 新たな医療の担い手に


欧米では医師の指示なしで

看護師が診断や治療を行う診療看護師なるものが

存在するらしいのですが

日本ではとても難しい事だと思います。


日本も特定看護師という枠を作り

可能な仕事の範囲が広がるという事ですが

結局かなり制限されたものになりました。

ただ

その中のひとつの

「薬投与の調節」

というものが引っかかりました。

手技的な物は医師と相談して

自由に権限を与えて貰っても構いませんが

薬投与の調節はまずは薬剤師に権限を渡すべきではと

病棟の薬剤師は不満に思うでしょう。


この薬投与の調節が具体的に

どこまで権限が与えられるのか分かりませんが

せっかく医師以外のコメディカルも

医師の負担を軽減出来るように

自分の専門分野の知識を磨いている中で

看護師にばかり権限を与えられるのは

看護師会の分母が桁違いだからというのもありますが

やはり実際に病気の患者さんを看る

臨床経験が違うのも理由のひとつなのでしょうか。




しかしいずれにせよ

より良い医療を提供するため

ドクターの負担を軽減するため

そして今後の在宅業務に貢献するために

小手先の規制を緩和するだけでなく

慎重な未来を見据えた教育を行ない

大胆な権限を持たすようになるべきだと思います。



少なくとも

看護師・薬剤師などが

学ぶべき一番の知識は

トリアージだと思います。


トリアージとは

大規模災害などの時に

重症度~軽傷を判断しカテゴライズすることで

効率よく救命する手段として用いられているものです。


薬剤師においてのトリアージとは

例えば熱があった際に

ただの風邪なのか

感染症なのか

受診する必要があるか

などを判断して

病院に行くべきか否かなどの判断を行う事が

トリアージに含まれます。


ただもしその判断を見誤った場合が

非常に危険ですので

個人的には

将来を見据えた上で

薬剤師が一番学ぶ必要がある知識ではないかと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示