後発品変更への取り決めはもうお腹いっぱい


後発品を調剤しなかった理由を調査し、今後の施策に役立てるため、薬剤服用歴管理指導料の留意事項通知において、一般名処方の医薬品で後発品を調剤しなかった理由を調剤報酬明細書の摘要欄に記載することを規定する。


つまり後発品を是が非でも推進しなさい

という事と思ったんですが

一番多いと思われる理由

「在庫が無いから」

と書いた場合

何かお咎めがあるんでしょうか。


それがない以上

本当に今後の施策に役立たせる為の

大規模な情報収集を行いたいのが

大きな理由のひとつかもしれません。



しかし思うことがあります。



この規定よりも先に

なぜ後発品指定の変更不可という制度をなくさないのか。

もし変更不可の理由があるならば

その理由を処方箋に記す方が優先すべきだと思うのですが。。



それにこれだけ後発品を勧める流れを国で作っているのに

変更した場合にドクターにいちいち問い合わせをする

と言うのも

医療機関で情報提供の有無を決めていい

と言うぐらい緩いならば別に不要だと思います。

むしろそれならば逆にひとつの医療機関への情報提供の取り決めを

医療機関単位でなく

医師単位で行うべきではないのでしょうか。

まあそれは勝手にすればいいことですが・・

いずれにせよ正直面倒。


結局煩わしい後発品の負担が

全部薬剤師というのはどうなんですかね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示