セルフメディケーションが進むわけない

従来、血液検査は、病院・診療所を中心に実施されてきた。だが、最近は、早期予防医学の観点から、医師の指示ではなく市民がセルフチェックを目的に行う自己採血による血液検査が注目されるようになってきた。

 具体的な事例としては、東京・足立区や徳島県の薬局で実施されている指先微量自己採血によるHbA1cプロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」や、三菱ケミカルホールディングス子会社の「健康ライフコンパス」とドラッグストアが提携して生活習慣病などを自己採血でセルフチェックする「じぶんからだクラブ」などが挙げられる。

 これらの取り組みの成果報告や、医学部での科学的な研究によって、地域での自己採血による血液検査のメリットは証明されつつある。とはいえ、その一方で、測定値のバラツキをなくす臨床検査の精度管理問題や、医師法・薬事法・臨床検査技師等に関する法律などの壁が横たわっているのも否めない。
薬局で自己採血できる土壌整備を



しかも薬剤師による検査値の説明は

医師の診断行為に触れる可能性があるため

グレーゾーンとされているらしいです。


いくらセルフメディケーションと

薬剤師が叫んでも

今の状況では

扱えるOTCも少なく

検査値も分からない

診療報酬改定の負担増で他に手が回らない

といった中で

どうやって推進しろというのでしょうか。


行える行為が法にひっかかる可能性が多少なりともあるのであれば


薬剤師側も下手に首をつっこみたくないのが心情でしょう。





健康に関心のある人は

日頃から体調に気を使います。

しかし特に異常もないのに

仕事を休んでまで病院に行くことができないのが現状。


そんな時に

数ある薬局やドラッグストアなどで

簡単に生活習慣病の検査が出来るのであれば

病院の待合室で長時間待たされることもなく

気軽に健康チェック出来るのではないでしょうか。



いきなり血糖値を薬剤師が測定して

高かったらOTCでジャヌビアを処方させろというのではありません。



すでにマイクロTDMなどの

簡易検査を使用する試みもスタートしています。


まずは地域の健康ステーションとして

もっと患者さんの状態を知る権利をもらわないと

セルフメディケーションなんてのは

一向に進まないでしょう。

予算もらって

セルフメディケーションを勧めと言うのも

なんだか本末転倒な気がします。



あと薬学部も6年制になったのですから

臨床検査技師に基づく

教育をかなり力を入れて行うべきだと思います。










Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示