本気で残薬を減らすには

もし本気で

日本中の残薬の数を減らしたいのならば

薬剤服用管理指導料の算定のために

「受付の段階で残薬を確認する」という事より

薬局で自由に投与日数を減らす事が出来ればいいと思います。

(あくまで残薬分を調整するためのものです)

患者さんはドクターに対して

「薬をこれだけ飲み忘れてました」

なんて理由もなしに怒られに行く人は

よっぽどの正直者かドMな人だと思います。

薬局で残薬があることを伝えても

結局処方箋を発行した医療機関に連絡される訳ですから

もしそれで次回受診時にドクターに怒られたり

薬をもらうのが遅くなったりするのであれば

黙っているのが吉と思うでしょう。


もし薬局完結型になれば

素直に話をしてもらいやすくなりますし

なぜアドヒアランスが悪いか考えて

例えば一方化したり服用時点の少ない薬剤を提案したり

全く効果の無かった薬剤が

実は服用されていなかった事の発見などに繋がったり

より患者さんの為になる建設的な方に進むと思います。


もしこの日数調整が可能になったならば

薬局側からするとあまりメリットはない気がしますが

リフィル処方箋よりは反対意見もなく

医療費の抑制に繋がると思うのですがダメですかねえ。

服薬指導のタイミングまで国が口を出す背景には

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示