後発品メーカー絶好調


後発品は国の方針と言うことも追い風になり

今回の診療報酬改定および薬価改定において

後発品に切り替える医療機関が増えて

さらに後発品の需要が高まると思います。

このニュースでは

新規の注文を断っているとありますから

いよいよそこまで来たかという感じですね。

病院“大人買い”で後発品企業が好調



今でさえ後発品メーカーは多過ぎると思うのですが

今後もまだまだ増えると考えたほうがいいでしょう。


薬剤師における医療費削減の大きな貢献としては

後発品推進もひとつだと思うのですが


未だに後発品変更不可だったり

後発品メーカー指定など

スムーズに後発品への変更が進まない事があります。
(本気で意図して指示するドクターもいますが)


需要が伸びるにつれての問題点としては

乱立する後発品メーカー故に

本当にいい製品を扱っていてもそれが見えない場合が

今後さらに起こりうると思います。


そこを取捨選択するのが薬剤師の役目だとは思うのですが

せめてもっと分母を減らして欲しいです。

あと

早く後発品は全て成分名に移行して欲しいです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示