ゾフルーザが人気の理由は広告と副作用



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





ゾフルーザが人気らしいです。

そして今年度の売り上げはまだ公表されていませんが

なんとなく体感的にもかなり売れている気がします。


実際に企業の売上見込みでも

イナビル190億円(前年同期比25%減)
タミフル56億円(66・9%減)
ゾフルーザ130億円


と、金額ベースの予想でも2位になるそうですが

ゾフルーザがこれを下回るとは考えにくいと思います。



そもそもゾフルーザが売れる理由は

1回服用で治療が済むことは言うまでもありませんが

他の大きな要素としては広告と副作用に利があったためと考えます。


ゾフルーザは今年度のインフルエンザシーズンに

かなり新聞やテレビなどで取り上げられました。

すると

企業のCMは流せても医療用医薬品のCMは流せない製薬会社からすれば

莫大な費用に相当するほどの広告を

各種メディアが勝手に宣伝してくれたおかげで

知名度が一気に広がり

医療関係者はもちろん一般の方にまで浸透する事になりました。

これは本庶佑先生がノーベル医学生理学賞を受賞した事で

一気にオプジーボの知名度が上がり

治療を希望する患者さんが急増したことと同じですね。


そして一般的に考えて

ウイルスの排出期間はタミフルよりも優れている
治療は1回の服用だけで良い

というメリットを聞いた上で

おまけにインフルエンザ治療薬としては

数年ぶりの新薬ということを聞けば

まず間違いなく良い薬だろうと考える人が多く

そして医師の中にもそう信じて疑わない方がいるのも

もはや必然だと思います。


例えばこれが家電だとしてもそうですが

毎年定期的に複数の企業が新商品を発売しているのであれば

「型落ちしていても値段が安くスペックも大きな差はないから昔のタイプで良い」

という判断をする人もいるかもしれませんが

数年ぶりの新商品で何だか良く分からないけれどスペックも充実。

おまけにメディアで盛んに取り上げられていると考えれば

思わず飛びつくのも自然なことです。

ましてや家電ではなく自分の身体に関係することなので

新薬=従来よりも優れた薬

という信仰は自己負担額が1000円程度高くなっても(3割負担の場合)

それを凌駕するという現実を今回のゾフルーザの件で再確認した気がします。


そしてゾフルーザが人気の理由はやはり

現時点では特に目立った副作用がないという事です。

「ゾフルーザは目立った副作用がない」と書くと誤解を受けそうですが

ここでの副作用が少ないというのは

処方を変更・中止するに値する副作用がないという事です。


例えば仮に

「ゾフルーザを飲むと何らかの副作用がかなりの頻度で発生する」

という事であるならば副作用のリスクを考えて

医師は処方を控える、メディアは過剰に宣伝しない、薬剤師も処方変更の疑義を行う

などの方向性が少し変わっていたかもしれませんが

現時点ではそれに値する副作用の報告はありません。

またこれは副作用に限らず

錠剤が大きすぎて飲みにくい、飲んだ後の苦みがすごいなどの

服用面に関しても取り立てて問題視する事がないのも理由の1つでしょう。


さすがにそろそろ

「ゾフルーザを飲んだら異常行動が起きた」

と言う恒例の個人の報告程度はありそうですが

現時点でゾフルーザのデメリットは副作用が未知ですから

それを逆にポジティブに捉えたのも大きいです。




もちろんこれだけ世論が味方に付いていれば

ゾフルーザが売れるのはもはや必然。

副作用をはじめ耐性の問題も考える必要があると思いますが

余程の事がない限り

ゾフルーザはインフルエンザ治療のシェアを確実に奪っていくことでしょう。





では薬剤師はこのことについて何ができるのかと言えば

仮に「私はゾフルーザを薦めない」と強く主張しても

結局そのままゾフルーザを調剤するのが大半でしょうし

医師に疑義照会してゾフルーザを変更してもらう理由もほぼないわけで

実際は服薬指導の際に

「1回飲めば済むだけで決して飲んですぐ治る訳ではない」

ことを強調して指導することですね。


まあこんな事を書くのは釈迦に説法かもしれませんが

ネットを見ていると

「ゾフルーザを飲んでも効かなかった」と服用した翌日に

病院を受診している人がいるケースがあったと目にしましたが

はっきり言ってそれが院外処方であるならば


指導した薬剤師に責任があると思います。



このケースの薬剤師側の反論としては

「もちろん飲んですぐ効くなどとは言っていない」
「勝手に飲んですぐ効くと判断したのは患者さんだ」

という主張をするイメージがあるんですが

まあこう言った面でも

医薬分業が意味をなしてないと思われる事に繋がるのでしょう。



現に「1回飲めば完了です」だけの服薬指導だと

薬剤師なんて不要ですからね。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示