制度部会の議論と言う名の出来レース



2018年12月14日に開催された、第10回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会(制度部会)。
厚生労働省は、医薬品医療機器等法(薬機法)改正に向けたとりまとめ案を示したが、その中には、医薬分業に関する取りまとめ「薬剤師が本来の役割を果たし地域の患者を支援するための医薬分業の今後のあり方について」(表1)が盛り込まれた。
第10回医薬品医療機器制度部会より



第10回医薬品医療機器制度部会

例に漏れず薬局・薬剤師が言われ放題です。

そしてもはやこの制度部会の議論は

出席する委員の個人的な感想を述べる場になっており

今回も薬局に対して各々の委員が

「しっかりやるべきことをやっている薬局とそうでない薬局が二極化している」
「一生懸命やっている薬局が少ない」

と個人の主張を国民の代弁者の様に主張しています。

するとこんな議論をしている以上は完全に数の理論

すでに「薬局はダメだと言ってもいい雰囲気」になっている状態で

いくら議論しても建設的な話になるはずがありません。

そもそも5.9万件もある薬局全てが100%納得のいく仕事をできるなんて

絶対に不可能なわけであり

それは薬局に限らずどの分野においても同じことです。


もちろんその納得のいく仕事が出来ていない薬局が多いのは

出席者の委員の体感では事実なのかもしれません。

しかしそれを証明するために誰がデータを示して

それに基づいて議論していると言うのではなく

ただの感想を述べる場になっている以上もはやどうしようもありません。


しかしこの制度部会の場は

薬機法に関係する重要な議論の場であり

各委員が個人の見解を話しに集まる場ではありません。

だからこそせめて数の理論で絶対的不利な薬剤師会としては

事前にデータを集めて理論武装するしか手段はなかったと思うのですが

残念ながらそのデータの蓄積が少なく

出席した委員に響くものがなかったと言うのが

今回の(今回も?)最大の欠点とも言えますね。




個人的にはこの制度部会に関して

「議論」ではなく「感想」になっている現状では

破綻しているとしか思えませんが

これはさすがにないんじゃないかと思いました。


「薬剤師・薬局のあり方には医療保険制度や介護保険制度における報酬上の措置、医療法における医療計画上の措置など、関連制度が密接に関係する。それらの検討に当たっては制度部会の議論を踏まえることが期待される」



それらの検討に当たっては制度部会の議論を踏まえることが期待される


これはどうなんでしょう。


薬局の機能を見直すために薬機法を変えるべきという主張は分かります。

そして法律と診療報酬は切っても切れない関係なので影響が出る

これも必然的なことです。

でも薬機法が変わる、つまり診療報酬に影響がある議論が

あの数の原理で個人の感想を言っていたものを織り込んで評価する

ということです。

これってかなり恐ろしくないですか?





官僚主導で薬機法における薬局の部分の改正。

それを裏付ける議論は

医師会の意見に薬剤師会以外ほぼ賛同。

結局個人の感想と言う名の薬局批難のオンパレード。

ゴールは診療報酬(もちろんマイナス)への布石。

そしてそれらは議論を踏まえたものとする出来レース


もはや中医協も似た様なものですが

ここまでやられたら薬局はジリ貧どころではありません。




何がジリ貧で済まないのか簡単に言えば

薬局の業務量は100%増えますが薬局の報酬は100%減るということ。

更に端的に言えば薬局薬剤師の給料が減るということです。

「制度は関係ない。薬剤師のやるべきことをやればいい」

なんて正論っぽい声もちらほら聞きますが

身近な影響を考えれば

今回の法改正はとんでもない事だと気づくはずなんですよね。



まあ何より問題なのが

法改正も診療報酬改定も決定のプロセスが

このありさまと言うのが一番の問題ですけどね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

別に間違ってないような...

現場に身を置くものとして今回の発言の内容は全く間違ってないと思うのですが...

薬局薬剤師と病院薬剤師、圧倒的に業務量も仕事の範囲も専門知識の研鑽も病院薬剤師の方が大変なのにもかかわらず薬局薬剤師の方が高額な報酬を得ているのが現状です。
仕事量や専門知識と報酬が比例しない、これが本当に適切だと思いますか?
薬局内でいくら頑張って業務に取り組んでもそれが報酬に繋がらないという理由で意識の低い周りの薬剤師に煙たがられる。
二極化が進み、意識の高く研鑽を積んでいる薬剤師が村八分に合う状況。
上の人たちも経営やお金のことにしか興味がない。
薬剤師は「薬の」専門家であるはずなのに、みんな「保険」や「経営」の勉強ばかりでお金のことばかり考えている。
ただの袋詰めとレジ打ち、患者からの質問も医師への丸投げする方も多い。

病院薬剤師は報酬にならない病棟業務をボランティアで続け、実績を積み重ねたことで点数を獲得しました。
ですが、薬局では報酬にならないことを続けると周りから批判される。
実績を積み重ねることもできない。

報酬は国民のお金から出ているのにこれが薬局薬剤師の現状なら叩かれても当然ではないでしょうか?

事実であろうとエビデンスを示さなければクソほどの価値もないって話でしょ
学級会みたいなノリで重要なこと決めるとか怖いよね

薬局薬剤師も病院薬剤師も関係ないと思います。同じ薬剤師。

1番目にコメントを書かれた方に言いますが、病院薬剤師は確かに薬局薬剤師より大変だと伺っております。普通は病院薬剤師の給料を上げるようスト起こす方向ではないですか?どうして薬局薬剤師を目の敵にするのですか?後、病院薬剤師の方が薬局薬剤師よりも仕事をしっかりしているとは薬局で真面目に働く薬剤師に失礼ではないですか?あなたの職業は存じませんが、仮に病院薬剤師であればその考え方はやめた方がよいですよ。個人的に薬剤師の力量は病院や薬局とは関係なく個人の能力だと思います。薬局薬剤師を見下す病院薬剤師はプライドだけが高く、能力もさほど高くない痛い人だと思います。最近では優等生が薬局の方に就く人多いですしね。仮にあなたが病院薬剤師でなければ薬剤師の給料をよく調べた方がよいですよ。6年も大学を通っている割に給料低いです…。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示