やはりおかしい妊婦加算の3つの問題点



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





今回、妊婦加算が大きく批難されていますが

個人的にその理由は大きく3つだと考えます。



まず1つ目ですが

そもそも妊婦加算が新設された理由は

「妊婦には、胎児に影響が出ないよう安全な薬や診察方法を使うなどの特別な配慮が必要で、その手間を改めて評価した」

と言う事で

これまで行ってきたことが改めて評価されたらしいのですが

いざふたを開けてみると

世間からは全く評価されなかったという事ですね。


そもそも「評価」と言えば何だかマイルドに聞こえますが

これまで当たり前に行ってきたことに対して

妊婦に負担を新たに強いるというのは

せめて妊婦加算の算定要件にいくつかの条件が付いて

これまで以上に妊婦が安心して受診できる環境が整う

と言った条件が制定されるならばまだしも

根本的に何も変わっていないのにお金だけかかるというのは

それは世論の支持は得られないでしょう。

だって妊婦加算を算定するためには

カルテにもレセプトにも

「これこれこういう理由で加算を算定する」

ではなく

単に妊婦であることを記載すればいいだけですからね。





そして2つ目の理由ですが

これはこの問題の発端となったエピソードですが

「会計時に妊婦ですかと聞かれ、妊婦ならば会計が異なると言われた」

このことが妊婦加算炎上の発端と言われています。

しかしこれが本当ならば

この医療機関は妊婦加算を算定してはいけません。

と言うのも妊婦加算に関する疑義解釈において

Q.診察時には妊婦であるかが不明であったが、後日妊娠していることが判明した場合、 遡って妊婦加算を算定することは可能か。
A.診察の際に、医師が妊婦であると判断しなかった場合には、算定不可。
(平成30年3月30日厚労省事務連絡)

⇒京都府保険医協会


と言う事らしいので

問題となったケースでは完全に「診察後」に妊婦か否か判断されています。

つまりこれは医療機関側に100%落ち度があります。

この様なずさんな算定を行っていれば世間のヒンシュクを買うのは

当然でしょう。


そして理由の3つ目ですが

これは完全に制度設計自体に問題があるとしか言えません。

そもそも妊婦加算の初診料は750円、再診料は380円となっていますが

この金額はゼロベースで「この金額が妥当だろう」と考えられたものではなく

もともと6歳未満の小児に算定できる乳幼児加算が

初診料750円、再診料380円であり

それに妊婦加算も乗っかった形になっているんです。

当初妊婦加算を見た時に

どうして妊婦加算は定額ではないのだろうかと疑問に思ったのですが

理由としては、もともとあった乳幼児加算にならって付けられたからなんですね。



では乳幼児加算はよくてどうして妊婦加算はダメなのか

という話しになってきますが

これは今回の騒動を見る限り

「乳幼児加算は助成があるため問題にならない」

という理由が多く、確かにその通りだと思います。

ただ個人的にはそれにプラスして

やはり小児を診る時の手間を考えれば

「手間賃として乳幼児加算は仕方ない」

と考える人も多いのではないでしょうか。

つまり結局の所やはり妊婦加算は評価されなかった

というシンプルな理由だと思います。


今回の妊婦加算の騒動を見ていると

「たかだか数百円のお金も出せないのであればどっちにしても子育てはできない」

と言った趣旨の意見もありましたが

問題はお金の多寡ではなくその妊婦への負担は制度的に正しいのか?

という問題でしょう。

やはり制度的に問題アリとしか言えません。





ではそもそも妊婦加算はどうするべきだったのかという話しですが

「妊婦加算があるなら高齢者加算もあるべきだ」

という意見を非常に多く目にしました。

しかし仮に高齢者加算を設けても

その7~9割は現役世代が支払うことになり

高齢者に負担を強いるための高齢者加算も

結局は今の若い人達の負担が増えるだけになってしまうんですね。

ですから個人的には妊婦加算はシンプルに廃止するべきだと思います。

もしくは算定可能な診療科を選定し

産科、又は産婦人科を標榜する医療機関だけ算定可能にすればいいと思います。



おそらく多くの妊婦さんも産婦人科を受診して

そこで妊婦だからという理由で妊婦加算が算定されても

文句を言う人はかなり少ないと思うんです。


まあいずれにせよ今回の騒動で

ネガティブな広まり方しかしていない妊婦加算を見る限り

もっとも恐ろしいのは

妊婦と知られるとお金が取られるからと言って

病院の問診票でウソを書く人が出ないとも限らないことですよね。

「それは自己責任だろう」と言われればそれまでですが

たかだか数十円違うだけでお薬手帳を見せる・見せないの判断を行う人が

決して稀な存在ではない事を見ている以上

やはり加算に関してはデリケートに行うべきだと思います。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示