薬局の主張「処方箋に検査値を載せるべき」は正しいのか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





処方箋に検査値が載ると

薬剤師はもとより患者さんにとっても

メリットは大変多いと思います。



例えば検査値から過量投与量の発覚や

副作用の可能性を疑う時などにも使い道は様々です。

薬剤師国家試験の問題においても

腎機能や肝機能障害による薬剤の投与量の適正化を問う問題も出題されており

もはや学生時代から検査値を学ぶ事は当たり前で

それを知ることのメリットも分かっているはずなんですが

どういう訳か薬局薬剤師にはこの検査値がかなり遠い存在になっています。




ただ個人的にも

処方箋に検査値を載せる事に賛成の立場ですが

それを薬局側が

「処方箋に検査値を載せるべき」

と一方的に主張するのは何か違う気がするんです。



そもそも当たり前ですが検査値を処方箋に載せるのは医療機関です。

では処方箋に検査値を載せるとなると

おそらく医療秘書の方や事務の方が載せることになるでしょう。

すると当然間違ったデータや古いデータを載せるなどのチョンボは

言語道断であり

可能性としては相当低いと思いますが

他人の検査値を間違って載せてしまったりした場合はこれまた大問題に発展します。

検査値を載せる同意を得るのも医療機関側です。



もちろんすでに処方箋に検査値の記載が進んでいる医療機関では

そこら辺の不備がないように自動的に紐づけされていると思いますし

時代の流れとして電子処方箋が普及するに連れて

改善されるとは思いますが現状全く普及していませんもんね。


しかしこれ以上に高いハードルがあります。

それは

「人は頼まれてやる仕事に対してあまり寛容ではない」

と言う事です。

たとえそれが自分のためでなく誰かのためだとしてもです。



例えば薬局においても一包化加算が存在しないとして

医師から「患者さんのために一包化をやってくれ」

と何十人も依頼されたら

いくら患者さんのためとはいい気分はしませんよね。

実際に仕事上において一方的に相手に求める事は

例えそれが患者さんのためだとしても

絶対に正義かと言われればそれは違うことも少なくありません。



しかしこの寛容さを最大限に引き出す魔法の手段があります。

それは双方の信頼関係です。




例えば今から5年前の2013年から

処方箋に検査値を載せ始めた京都大学病院ですが

それに続く医療機関も増加傾向にあります。

中には検査値の記載だけでなく

疑義不要のプロトコルなどを作成し連携している

医療機関と薬局もあります。

もちろん加算などあるはずがありません。


この連携が上手くいっている理由は分かりませんが

間違いなく言える事が

医療機関と薬局の信頼関係で成り立っているということです。


そもそも

「処方箋に検査値を載せるだけ」

と思っている人も多いかと思いますが

京都大学病院の場合は

アドヒアランスや服用状況や健康食品などの薬局で得た情報を

病院側へフィードバックするシステムも構築しており

決して一方的な情報提供ではなく

薬局側もチーム医療に貢献しているんです。

これは医療機関と薬局の信頼関係がないと

絶対にスタートしませんし機能しません。

また継続こそしても新たな情報が薬局に渡ることはありません。


つまり薬局からの一方的な依頼の結果ではなく

医療機関と地域の薬局信頼の結果であり

処方箋の検査値はそのツールの1つに過ぎないんですね。

ですから一言で言えば

最近あまり聞かれませんが

薬薬連携が非常に大切だと考えます。




ただそうは言ってもそれが一番難しかったりしますよね。

薬局と医療機関がうまく連携がとれている地域もある中で

大半がそうではないのが現状だと思います。

医療機関側が積極的でない可能性も存分にあり得ます。




では具体的に「処方箋に検査値が載るため」の道筋ですが

ざっくり3パターンが考えられます。


1つは「全国一律に検査値を載せる」ですが

これはまあ言わずもがな難しいでしょう。

昨今の薬局事情を考えれば

ここまで好待遇になるとは思いませんし

何より某職能団体から猛反発が起きること必至です。


では検査値を載せる事に加算がついたらどうでしょう。

これは現実的になくもなさそうです。

現に一般名処方加算として処方箋に加算もついているため

導入時の飴としてはアリではないでしょうか。

ただこれは検査値を知ることによって削減できた医療費と

加算に費やされたコストのバランスが重要になってきます。

すると後者はすぐに把握可能ですが

前者に関してはまあ相当時間もかかりそうです。

となると余計なコストと捉えられて

推進されない可能性も非常に高いと思います。




となるとやはり最終的な着地点として

地域の薬剤師会単位で信頼関係を構築していったり

もしくは電子処方箋の普及になってくるのでしょうか。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示