生活保護受給者の後発品使用に関して思う事



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




厚生労働省は17日、生活保護の医療扶助で後発医薬品の使用を原則化することについて、パブリックコメントの募集を開始した。
生活保護の医療扶助は原則後発品、意見募集


「生活保護受給者に原則ジェネリック医薬品を」

となると必ず言われることが

生活保護受給者を差別するつもりか

と言う意見です。



ジェネリック医薬品の使用率が7割を越えている地域もあり

目標は8割を目指している今の時代において

ジェネリック医薬品を使用する事自体が

どうして差別なのか良く分かりませんが

どうやら「選択権がない事」が良くないみたいです。

確かにジェネリックの効果に疑問を持っても

原則先発品しか使用できないとなると

それがイコール不平等という考えも

見方によっては仕方ないのかもしれません。


ただ今回の件において

「生活保護受給者に対する差別だ」

という人の意見は完全に悪手だと思うんです。



と言うのも

生活保護受給者とよく引き合いに出されるのが

年金で生活している高齢者ですが

実際に生活保護受給者と比較して見て行きたいと思います。


例えば国保の場合最高で月に約6.5万円です。

これは40年間保険料を払った場合の満額になります。

そして厚生年金ですが、こちらはバラつきが大きいため一概に言えませんが

平均で月額約15万円です。

そして医療費の負担額は1~3割負担です。


かたや生活保護受給者ですが

こちらは地域によって差がありますが

住宅扶助を含めて約10~15万円といった所でしょう。

そしてご存知の通り医療費はゼロです。


収入がなく年金から病院までの交通費を払って

自己負担額を減らすために

進んで後発品を選ぶ年金暮らしの高齢者がいる一方で

生活保護受給者は全て無料です。


どうですか?

この現状があって

仮に生活保護受給者を原則後発品にしたところで

とても「差別」という言葉が適切とは個人的には思いません。

それに最悪医師の裁量で先発品を選ぶことも可能です



それでもなお後発品の使用を原則とする事が不服であるならば

まずは同じ土俵に上がる必要があると思うんです。


つまり生活保護受給者も1割でも0.5割でも自己負担があるべきでしょう。



現役世代の保険料は上がる事はあっても下がる事はありません。

おまけに医療費の自己負担額は確実に増えて

年金の支給額は減り支給される年齢も引き上げられます。

すべての世代の負担が増えている一方で

生活保護受給者の負担だけこれまでと一緒というのは

虫が良すぎる話しではないでしょうか。






まあこんなことを書くと

一部の方からバッシングを食らうんですが

何も生活保護受給者に限った話しではなく

医療費の自己負担がゼロの方も、もれなく自己負担を発生させるべきだと考えます。



その理由はなぜかと言うと

何も意地悪をしたいのではなく

そもそもあらゆる医療費免除の方が

これからも医療に対する不安や負担をできるだけ軽減できるための

全ての人達による痛み分けだからです。


このまま医療費を含めた社会保障が

未来永劫続く事は残念ながらありません。




という事であらゆる保護を受けている方は

少しでも負担を増やすべきだと考える立場ですが

生活保護受給者の後発品使用に関しては

正直どちらでもいいという立場です。



というのもすでに生活保護受給者の後発品使用割合は72.2%で

全体の65.8%よりも高い水準にあります。

厚労省HPより


つまり今さら生活保護受給者を原則後発品にしても

実際に医療費削減にはおおよそ上限に達していると言うことです。

「上限に達する」まで言うと語弊がありそうですが

そもそも生保の方の医療補助が約1.8兆円になりますから

たかだか外来での薬剤費をジェネリックに変更した所で

正直医療費削減には繋がりません。焼け石に水です。


ですから今さら生活保護受給者を原則後発品にさせても

大して意味はないのですが

そんな事は資料を作ったり閣議決定している厚労省が

誰よりもよく分かっています。

そして後発品の使用を原則とすると

生活保護受給者を守る立場の方々からバッシングを受けるのも

百も承知なはずです。

実際に舛添元知事が厚労省大臣だった時に

後発品使用を原則とさせようとした結果

猛反対が起きて中止せざる得なくなりました。


しかし時代は代わり

与党の力が強くなり過ぎているのか分かりませんが

今回は閣議決定した後にパブコメを募集する始末。

これは少なくとも「生保は後発品を使うべき」と言う意見が

すでに多数派なんでしょう。


この手の話しはもはや実問題より感情論の問題が大きく

なお且つ

「世論の意見を尊重している」

様に見えることがとにかく大事ですからね。



まあこの手法が正しいとは思いませんが

やはり医療費負担額ゼロに対して

もう一度よく考えなおす時期に来ているのではないかと思います。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示