日本調剤が開始した病院への薬剤師派遣に思う事



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




日本調剤は病院向けに薬剤師を派遣するサービスを始める。産休・育休を取得する薬剤師の代わりとして、日本調剤の店舗で働く薬剤師らを派遣する。

病院の薬剤師不足、日本調剤が派遣で解決



日本調剤が病院向け派遣サービスを開始したらしいのですが

派遣期間は産休・育休の代替要員という事で

素人目線で見ても需要は見込めそうな気がします。



そもそも日本調剤は

ファルマスタッフという子会社が派遣業を行っているため

病院へのパイプもあり

他の調剤薬局チェーンよりも有利に展開できますし

他者でライバルになるとしたら

同じく子会社が薬剤師の派遣転職業を営んでいる

アイセイグループくらいのものでしょう。



そしてこの病院への薬剤師派遣サービスは

病院側にとってもメリットが多いと思います。




まず薬剤師の数は女性薬剤師の方が多く

そうなると出産・育児休暇で穴が空くのも当然な事ですが

昨今の薬剤師不足や財政状況を考えると

新たに人員を増やす方針に舵を切るのは難しい医療機関も多かったと思います。


そこにわざわざ「産休・育休の代替要員」といった

ピンポイントで確実に需要がある所に派遣業を展開するとなれば

これまで派遣を利用する発想がなかった医療機関も

注目する事間違いなしです。



医療機関は薬剤師の数がギリギリの所も多いため

薬剤師を「確実に」「一定期間」「人員補充できる」

この制度はウケがいいでしょう。



ただ

「それだと普通の派遣薬剤師と同じじゃないの?」

と思われるかもしれませんが

医療機関側からすれば

全く知らない個人の薬剤師を面接して給与の交渉をして契約し

おまけに仲介料もガッツリ取られる。

そしてそもそも薬剤師の確保が難しい。


これらの多くの問題を

日調派遣サービスが解消してくれるため

医療機関側も歓迎するのではないでしょうか。


また、どこのだれとも分からない個人の薬剤師を派遣で雇うよりも

日本調剤を代表して派遣された薬剤師

という事で

過度に期待する事はなくても

まあ大ハズレはないだろうと考えるのが自然です。

日本調剤側も病院に派遣する薬剤師はそれなりに吟味する事でしょう。



もちろん「いくら」で契約するかにはよると思うんですけどね。





ただ今回のこの日調の派遣サービスのニュースを聞いて

調剤薬局チェーンは曲がり角だと改めて感じてしまいました。


と言うのもこれまでは新卒薬剤師をバンバン雇って

調剤薬局を次々と店舗展開するのが当然の流れであった中

決して薬剤師が過剰に在籍している訳ではない日本調剤が

自分の社員を派遣として利用するというのは

もはやこれまでの

調剤薬局事業にビジネスのメリットが乏しい

と言っている様なものであり

昨今のトリッキーな日調の動きを見ていると

確実に方向転換、もしくは次の道を模索している事に必死だからです。




そしてこの派遣サービスも客観的に見ればアリなんですが

これがもし当事者ならば正直歓迎しません。





おそらくですが仮に派遣として出向した場合

ボーナスで色が付いたり、査定に響いたりするかもしれませんし

「病院薬剤師を経験するいいチャンスだ」と背中を押されるかもしれません。

しかしそれって体の良い様にただ使われているだけで

スキルアップを目的とした

「病院薬剤師を経験させることありき」で進んだ話しではありません。



まあサラリーマンなので仕方ないとも思うんですが

派遣先との仲介料を稼ぐために

自分が派遣されるのは正直どうなのと思ってしまいます。


少なくとも派遣の期間は

自分が日本調剤の社員である意味はゼロです。



もちろん病院薬剤師の人手不足の解消といった面においては

個人的には歓迎すべきサービスですけどね。





この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

あなるまん
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示