ジェネリック医薬品を自動で普及させる方法



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






日本の医療が恵まれている理由の1つはなんと言っても

だれでも医療費が7割~10割引という点が挙げられます。

また自立支援医療制度や高額療養費制度などによって

自己負担額に上限を設けられているケースもありますね。


しかし医療費は右肩上がりである一方

利用する側の意識は大して変わっていません。


その代表的な例として「ジェネリックの使用」が挙げられますが

個人的にはもはや患者さんの意思にゆだねて

ジェネリック医薬品を推進するのは限界だと思うんです。



その最たる例が自己負担額がゼロの方にとっては

ジェネリック医薬品を選らぶメリットはありません。

現役世代の中でもジェネリックは嫌という人も少なくありません。


ではそもそもなぜジェネリックを毛嫌いする人がいるのか。

これはもはやジェネリックは先発品の劣化コピーでしかなく

説明してどうにかなる話しではなく感情論の部分が大きいからです。


でもこの考えが生まれるのも仕方ないと思います。

だって世の中の大半の人は日本の医療費なんか知った事ではありません。


医療費の自己負担額は未来永劫

最低で7割引、場合によってはタダであると考える以上

一般の人が医療費に関する関心なんて持たないのは自然です。


「医療費を考えてジェネリックを使いませんか?」

と言っても聞く耳を持たない人がいるのも仕方ありません。




でもこれっておかしいですよね。

例えば

「自分は現役世代だからジェネリックを選ばない」
「安くならなくていい」

とドヤ顔で言う人も考えなおす必要があります。

だって3割負担の中で「自分はお金をしっかり払っている」と言っているだけで

他の7割の部分は国民全員で負担している訳ですからね。



そして言葉は悪いですが自己負担額がゼロの人は

今の医療を支える事に関しては貢献している立場ではありません。

医療の恩恵を受けている立場です。

もちろんそれが悪いという事ではなく

「自己負担額がゼロだからジェネリック医薬品を選ぶべき」

という概念が必ずしも正しとは思いません。

ただ医療費ゼロの方は自分で医療費を納める事ができない場合

何かしらのビハインドを抱えている場合がほとんどです。

その様な方が今当たり前に医療を受けているように

今後もどの世代も安心して医療の恩恵を受けれるために

例えば自己負担額がゼロでも

「原則ジェネリックを使用させる」

くらい行っても罰は当たらないと思います。



「でも薬局はジェネリックを勧める事で儲けているんでしょ」

という意見もあるかもしれません。

それはその通りであり

個人的にもそう遠くない未来で後発品体制加算は不要だと思いますし

医療機関が一般名を載せるだけで加算がとれる

一般名処方加算も不要だと考えます。

なるべく早い段階で

ジェネリックの推進にかけるコストはゼロにして

個人が選択すべき流れにもっていくべきです。

ただそれにはやはり自己負担額の増加も必須だと考えます。



ではもし自己負担額の引き上げが行われたらどうなるか?

おそらくその際に薬剤師の役割は大変大きいと思います。


と言うのはこれまで「薬の説明」に趣を置いていた薬剤師の仕事は

患者さんが負う「お金と効果のバランス」を考える必要が出てくるからです。

「今回処方された薬と似た効果でジェネリックはないのか?」
「この新薬はこれまでの薬とどう違うのか?」
「値段に見合う効果はあるのか?」

患者さんの薬に対する関心は爆発的に向上することでしょう。

おそらくジェネリックの使用は劇的に上がると思いますし

おまけにタンスに眠っている薬の山もなくなるはずです。






断言します。

このままでは個人の医療費への関心は高まる事はありません。

アメリカは医療費への関心が高いのは教育がしっかりしているからではありません。

単に病気になると自己負担額が高いからです。

アメリカのジェネリックは数量ベースで89%らしいですが

これがアメリカの薬剤師がジェネリックを推進した努力の結果ではないでしょう。


もちろんジェネリックを使用するのは

あくまで医療費を削減する手段の1つなので

医療費が下がるのであればジェネリック使用を強要する必要もありません。

ただ現状を見ると医療費への関心を自発的に求めるのは相当難しいと思いますし

それを教育でどうにかするのも困難だと思います。

ですから分かりやすい形の自己負担額増しかもはや手段がないとも考えてしまいます。




でもまあ実現しませんよね。

こんな事を考える政治家は次の選挙で無職確実ですし

医師会も猛反対する事でしょう。

自分を含めて国民の多くが素直に首を縦に振るとも思えません。


むしろ医療費を地味に上げたり保険適用外を進めたりと

医療費への関心を最小限に留めるために

分かりにくく医療費の補填を行うのが今の政治家の仕事です。

でもこれって正しいようで

将来的な事を考えると間違っている気がするんですよねえ。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示